本野精吾邸・・・♪

9月になり朝 晩は涼しく過ごしやすい気候に

なってきましたね。

第42回京の夏の旅 平成29年7月8日~9月30日

も 終わりに近づいてきました。

看板 

日本最初のモダニズム(国際様式)建築と言われる本野精吾邸

に7月オープンすぐに拝見していました。

建築家・本野精吾(1882~1944)の元自邸で

大正13年(1924)に建てられました。

外観 

特徴は中村鎮(なかむらちん)式のコンクリートブロックを

むき出しのまま使用した壁や、玄関ポーチです。

今、見ると???な感じですが当時は画期的な建物でした。

ブロック 

中村鎮とは人の名前がそのまま商品名になったものです。

福岡県出身の建築家でL型のコンクリートブロックを

組み合せることで内部に鉄筋を組み込み保温効果もある

すぐれものです。

中側 

木造ばかりの時代にさぞかし世間の皆様は驚かれた

ことでしょう。

平成15年(2003)にはモダニズム建築の保存に関する国際組織

DOCOMOMO日本支部によって

優れたモダニズム建築に選定されました。

西陣織物館 

本野精吾の代表作は京都市考古資料館(旧西陣織会館)で

鉄骨や鉄筋コンクリートを使用した機能性・合理性を

追及した建築作品です。

つまみ 

明治41年には現在の京都工芸繊維大学の図案科教授に就任し

ドイツ留学で当時ヨーロッパで盛んだったモダンデザインに

強い影響を受けています。

暖炉 

そのことから本野精吾邸の室内の

葡萄をデザインした暖炉や、明りとりの天窓など、

ぶどう 


装飾性の高い内部の意匠が残されています。


天井 

室内に展示されている染色作品は本野精吾の三男である

染色家・本野東一(1916-1996)のものです


作品 

こちらの2階から眺める左大文字は迫力があるでしょうね

左大文字 


見てみたいものです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー