建仁寺 久昌院・・・♪

久昌院(きゅうしょういん)に行って参りました。

只今 京の冬の旅で いつもは公開されていない

文化財を平成29年3月18日まで公開中です。


看板 

久昌院は建仁寺の塔頭で 奥平美作守(みまさかのかみ)信昌

が創建した 奥平家の菩提寺です。

この奥平信昌とは・・


鳥居 

長篠の戦いで 力を発揮されたようです。

長篠の戦いは戦国時代に三河国(愛知県)長篠城西方の

設楽原(したらがはら)で

方丈 

織田信長・徳川家康の連合軍が武田勝頼(かつより)の軍

をやぶった戦いです。

織田・徳川連合軍は鉄砲隊で武田の騎馬隊を壊滅させた

鉄砲の威力を天下に示しめした戦いでした。

庭1


この時 奥平信昌は長篠城に立てこもり 城を死守して

武田勢を撃退しました。

その功績を買われ 織田信長より 「信」の一字を

与えられ信昌と改名しました。


庭正面 

さらに徳川家康の娘 亀姫を妻としてめとる

こととなりました。

久昌院公開の見どころは 長篠の戦いの様子を

描いた襖絵が展示されています。


さん 

宇喜多 一蕙(うきた いっけい)の大和絵です。

大和絵は日本の事物を描いた絵なので

その時の戦いの様子を感じとることができます。

あと 長沢 芦雪(ろせつ)の牧童吹笛図が印象的で

指 爪 手のひらを使って書いた指頭画(しとうが)の

掛け軸がありました。


廊下から 

方丈には二室の6畳の茶室があり 

書院には 3畳の小さな茶室  遠州別好ノ席と

呼ばれる茶室があります。

遠州といえば・・・

古田織部に学んで 遠州流茶道の祖となり 将軍や大名に

茶道を教え導いた 小堀遠州です。

多くの茶室があるのは

奥平家代々の大名の墓参りに茶でもてなすため

でした。


霊屋 

今回は公開されていませんが庭の奥にみえる

銅版の屋根の建物が 霊屋で 信昌と亀姫の

五輪石塔が安置されています。


鐘楼 

鐘楼も 1627年に築成されたもので 歴史を

積み重ねてきた建造物です


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー