妙心寺 退蔵院の瓢鮎図・・・♪

紅葉シーズンも終わりめっきり観光客も減り

落ち着きを取り戻してきた京都です。

こちらの知る人ぞ知る 人気観光スポット

妙心寺 退蔵院もガラァ~ンっとして落ち着きますわ~♪


庭1 

禅を信仰している妙心寺で 縁側に座って お庭を眺めながら

心穏やかに 和やかな人生を目指すのも いいものですね。

退蔵院は応仁の乱で炎上しましたが 1597年に再建されました。

室町幕府15代将軍 足利義昭が死去した時代です。

退蔵院といえば やはり・・・


瓢念図 

国宝「瓢鮎図(ひょうねんず)」ですね。

この絵は如拙(じょせつ)が 第4代将軍 足利義持の命により

描き 彼の作品の中で最高傑作といわれています。

「ただでさえ捕まえにくいなまずを こともあろうに

瓢箪で捕まえようとする」この矛盾をどう解決するか?


すすき 

義持は当時の京都五山の禅僧31人に解決策を書かせました。

将軍の命令なので 多くの高僧たちが参加した様子がよくわかります。

高僧連が頭をひねって回答を連ねた様子は正に壮観です。

普通では解決しないことを 高度なテクニックを使って

解決を連想していく 言葉の遊びをしていたようです。


31人 

この文章を読み笑い転げていた 義持を中心とする

高度な遊びが行われていたようです。

見どころ その2が狩野元信の枯山水庭園です。


元信1 

狩野派といえば 幕府御用達絵師集団です。

元信は狩野派2代目で 大山院の『四季花鳥図』が

超~有名ですね。


元信2 

自分の描いた絵を立体的に表現しなおしたもので

彼の最後の作品が造園で珍しい 作品と言われ

国の名勝史跡庭園に指定されました。 

私のお勧めは奥にある広大な庭園 余香苑(よこうえん)です。


余香苑1 

造園家・中根金作氏の設計によるもので1966年に完成しました。

細長く 奥行きがあり紅しだれ桜や藤、サツキ、蓮、金木犀、

楓などが楽しめます。


茶室 

池泉回遊式庭園「余香苑」にはお茶席「大休庵」があります。

随時お抹茶を お召し上がりいただけます。

春に大人気の紅しだれ桜は今はこんな感じです。


さくら 

平安神宮にある紅しだれ桜の孫桜なんです。  

京都の禅宗寺院では 東福寺三門 大徳寺三門 に続いて

古い妙心寺の三門は 国の重要文化財に指定されています。

三門 

毎年6月18日には二階上層で山門懺法会(せんぼうえ)があり

一般に公開されていますよ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー