京都ハリストス正教会・・・♪

京都ハリストス正教会 京都生神女福音大聖堂に行って参りました。

場所は京都御苑の南側で 中京区押小路通高倉西入る。

看板 

教会なので普段は毎週日曜 10時20分~12時30分に

礼拝が行われているようですが・・・

なかなか行くことが出来ませんでした。

今回は「京都非公開文化財特別公開」で10月28日から

11月7日まで一般公開されていました。


正面1 

ふだん寺社の参加が多い中で異色とも言える 

京都ハリストス正教会の大聖堂 多くの方が見にこられていました。

ハリストスはキリストのことで 生神女とは

正教会において聖母マリアのことです。

真ん中 

生神女福音(しょうしんじょふくいん)大聖堂は

明治36年(1903)の完成。

京都府庁旧本館を手がけた松室重光の設計です。

ふちょう1 
   ★こちらは京都府庁旧本館です


日本ハリストス正教会の本格的な大聖堂としては

現存する最古のものです。

八角塔とドーム屋根が特徴のロシア・ビザンチン様式で

京都市指定文化財に指定されています。


top 

ビザンチン様式とは・・

玄関・鐘楼・聖所・至聖所が一列に並び 最も広い聖所を

中心とする十字形の平面構成になっています。

至聖所(しせいじょ)は 宗教的建築物の最も神聖な場所で

一番奥の部屋のことを指します。


側面 

内部は 写真禁止で残念なんですが 聖人や最後の晩餐

などの出来事を描いた聖像(イコン)30枚を壁のように

飾った聖障(イコノスタス)が素敵です。

20世紀初頭にモスクワで制作され 移送されました。


イコノスタス 
  ★ ポスターより

当時のものは、ロシアでは1917年の革命で多くが失われた

ようなので貴重な財産になっています。

南側にあるステンドグラスを通して差し込む

明かりが幻想的です



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー