藤田家住宅・・・♪

藤田家住宅の見学に行ってまいりました。

普段は公開していませんが

只今 京の夏の旅 文化財特別公開中で

9月30日まで見学することができます。


玄関1


場所は上京区堀川通今出川で 西陣織の職人さんが多く

いらっしゃったところです。

この辺りは室町時代の「応仁の乱」の際「西軍」の

山名宗全の邸があった場所であることから


玄関2


「西陣」といわれるようになりました。

藤田家住宅も帯の製造を営まれていた町家です。

明治期の東棟と昭和期の西棟があり 今回の公開は

西棟です。


東棟


こちらは昭和10年に 大工・高源次郎によって建てられたもので

国登録有形文化財です。

中に入ると高さ8m 吹き抜けになった板敷の部屋があり

とても明るく 天井から光が差し込んでいました。


天井


この外からの光で 織物の品質検査が行われていました。

洋室には暖炉があり ランプもアールデコ風。


暖炉


でも 天井は網代で 昭和の匠の技が見ることができます。


あじろ


6畳の和室は杉の絞り丸太が使われた 数寄屋風意匠になっています。

奥の8畳座敷はヒノキの角柱を用い 床 地袋 付書院を構え

書院造りの意匠です。


書院


庭の向うには茶室が建てられています。

その茶室には表千家 堀内宗完が「養心」と名付けました。


茶室


茶室の横には蔵があります。

蔵の中には 夏場は使われない 襖や障子など 秋冬のしつらえが

保管されています。


蔵


町屋は季節にあわせた しつらえがされる為 多くのお道具を

保管できる蔵が 必ず家の奥にありますね。


御簾


今ではその漆喰でしっかり建てられた蔵を改装した

カフェなども街角で見かけることがありますね。


生糸


二階は物置になっていました。

帯の生糸や昔の扇風機やギターにレコードなど。


扇風機


見学に来られる時には 素足で部屋に上がらないように

してください。

足形が床や畳に残ることがあります。

必ず 靴下を持っていきましょう。

近くには和菓子の落雁のお店 UCHU wagashi も

ありますよ。


うちゅう


お土産にはこちらの 京都ものがたり の商品が人気のようです。


京ものがたり


かわいいですね。

そして海外からの観光客に人気の着物ショーが

おこなわれている西陣織会館もあります。


着物ショー


やっぱり着物はいいですね。

モデルさんも綺麗でした~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー