2016 五月満月祭(ウエサクサイ)・・・♪

5月21日の夜の7時からある五月満月祭(ウエサクサイ)に

行って参りました。


門



叡山電鉄で鞍馬に行き 鞍馬寺の中にあるケーブルで

多宝塔がある所まで行けます。

このケーブルは唯一 宗教法人が運営し ているもので

乗車時間は 2分です。


多宝塔


少しのようですが 九十九折(つづらおり)参道を

歩くより ずーっと楽ですよ~

ここからウエサクサイが行われる本殿金堂

まで石階段を登っていきます。


階段


早めに来たつもりなのに 5時30分過ぎでもう一杯の

人がいます。


ピクニック



皆さんシートを敷いて おにぎりを食べてピクニック

気分でこれから始まる謎の祭典を待っています。


お力



まずこの祭典に参加するために 「心のともし灯」を

購入(1000円)しておきます。


心のともし灯


これがないとここに来た意味がないのです。

五月満月祭の夜は 天界と地上との間に なんと・・

通路が開けるのです。


やま


この夜はいちばん清く大切な願いを一つだけ

心を込めて願うと聞き届けられるかもなのです~


尊天前


「心のともし灯」には尊天ご宝前の「消えぬ灯」から

移された灯を参拝者各自のろうそくに移して

皆のろうそくに灯をともします。


竜


7時からの祭典が始まると写真が取れなくなります。

本殿金堂前の金剛床は 宇宙のエネルギーである尊天の

波動が果てしなく広がる星曼荼羅が描かれています。


起立



本堂とこちらで祭典がおこなわれます。

祭典が始まると全員起立して 言葉を慎み心を

清めます。

約1時間30分はじーっと立ったままなので

体力に自信のない方は かなり辛いと思います。


式典中


この祭典の意味は・・・

五月の満月の夜は 全ての者の目覚めのために

天界からエネルギーが降り注ぐと言われます。


提灯



満月に清水を供える五月満月の秘儀が鞍馬山

で古くから 執り行わていました。

ヒマラヤやインドでも五月満月の夜に行われている

ウエサク祭と相通ずるものであること

また東南アジアの仏教諸国においても釈迦の生まれた日

悟りを開いた日 入滅の日を同時に祝うウエサク祭が

行われていました。


鞍馬提灯


そのことから鞍馬山でも広く信徒に呼びかけ

多くの人が共に祈りを捧げる事になりました。

そのことから 昭和29年(1954)より 五月満月の秘儀を

ウエサクと読んで祈りを捧げることになりました。


ポスター
  ★ポスターより


8時30分頃まで行われた祭典の後 参拝者全員が

本殿地下を通って 本殿に上がりご清水をいただきます。

このころから皆さん満月と自分の心のともし灯との

記念撮影をしています。


満月とろうそく


起立状態から開放されてリラックス状態です。

地下には 信徒の清浄髪が小さな壺に入れられ

祀られています。

へぇ~ 本殿の地下がこんなことになっているのか~

初めて見る光景にビックリ・・でした。

最後に皆さんのろうそくは金剛床に並べられます。


ろうそく並べ


記念に持って帰ってもOKですよ。

以前は少しの参加者で朝の4時まで行われて

いましたが 最近は多くの方が来られるようになったので


夜鞍馬


夜の10時で全ての祭典は終わり下山していただくように

なったようです。

叡山電鉄が走っている間に終わり

11時には家に帰る事ができました。


ケーブル
  ★ 修理が終わったケーブル


夜中に行われる祭事参加するのは難しかったのですが

早く終わるようになって今回初めて 謎の

五月満月祭を経験できて良かった~ 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー