相国寺 養源院・・・♪

50回記念 京の冬の旅で只今特別公開中の

相国寺の塔頭寺院の 養源院に行って参りました。


看板


幕末の戊辰戦争の時には 薩摩藩の野戦病院となり

イギリス人医師のW・ウィリスにより 日本で初めて

クロロホルム麻酔を使った外科手術が行われ

西郷隆盛の弟の西郷従道などの治療にもあたった。


本堂


W・ウィリスが日本勤務を希望した理由として

年俸500ポンドという英国ではとても期待できない収入を

稼ぐことができたとのことです。


玄関


養源院には現在もまだ 藩士たちが付けた刀傷が残っています。

今回の特別公開の目玉は 毘沙門天像です。


毘沙門天
  ★ パンフより

鎌倉時代に慶派の仏師が作ったと伝わるもので

長年秘仏として 秘仏として祀られていたものです。

170㎝もあり とても立派で 保存状態も美しく

ゴールドの飾りが印象的です。


庭1


また伊藤若冲との縁も深く 毘沙門天像の法要が相国寺で

行われた際に 若冲の代表作 釈迦三尊像・

動植綵絵(どうしょくさいえ)12幅が初めて一般に公開されました。


石


境内にある書院は五摂家の筆頭・近衛家の「桜御所」から

移築した相和亭(そうわてい)です。


ガラス


ガラスは江戸時代のものが そのままに残されているとのこと。

池泉式庭園も近衛家の「桜御所」のものを移築復元したものです。

お庭も綺麗にお手入れされていました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー