2015京都山科義士まつり・・・♪

12月14日は赤穂浪士が吉良邸に討ち入りをした日です。

京都市山科区で 大石内蔵助と四十七士がパレードをする

「山科義士まつり」を見てきました。


りく


山科は大石内蔵助が赤穂城を退去後に 江戸へ討ち入るまで

世俗から離れて 静かに暮らしていた地とされています。


大石内蔵助


山科に住みながら大石内蔵助は 敵の目を欺くため

祇園や伏見などで遊んでいると見せかけ 実は

着々と仇討ちの計画を進めていたようです。


外環状線


午前10時に毘沙門堂スタートで 大石神社を目指して

約5.5kmを歩きました。


毘沙門堂1


紅葉の名所でもある毘沙門堂ですが 今年は例年のような

美しい7色のコンビネーションカラーは望めなかったようです。


石段


パレードは旧三条通から外環状線を南に下っていきます。

大丸前で子ども義士隊と合流します。


子供義士


元気な幼稚園児は可愛いですね~

東部文化会館で皆さんのパフォーマンスを

見ることができます。


太鼓演奏


幼稚園児の太鼓演奏

かわいらしい子ども義士隊の「連判状改め」

大きな声で「エイ、エイ、オー!!」の勇ましい勝どき。


勝どき


「刃傷松の廊下」「切腹」「連判状改め」「討ち入り」などの

芝居が行われます。

東映太秦映画村の協力もあります。

ところでこの事件の発端は元禄14年(1701)江戸城中で

赤穂藩主浅野内匠頭長矩が 高家筆頭の吉良上野介義央に

斬りかかったことです。

この事で浅野内匠頭長矩は切腹 家は断絶しました。が・・

相手の吉良上野介義央にはおとがめはなかったのです。

この刃傷事件の1年10カ月後の元禄15年12月14日

浅野家の浪士たちが吉良邸に乱入し吉良上野介義央を打ち取り。

この刃傷から仇討ちに至る事件を「赤穂事件」と呼びます。


幼稚園児


一番見たかったのが こども歌舞伎です。

昨年までは大石神社で行われていましたが今年は

東部文化会館で引き続き行われました。


松


大石神社では寒かったようですよ( ̄▽ ̄)

可愛いお遊戯ぐらいを想像していましたが

幼稚園児の口上の上手さにビックリです!

長いセリフを間違えることもなく 淡々と述べていく・・

ああすばらしい~

小学生のこども歌舞伎の上手い!


こども


こども歌舞伎は地域に伝わる忠臣蔵の歴史を若い

世代に伝えようと住民有志が企画し

今年で7回目になります。


岩屋寺


岩屋寺は大石内蔵助が 赤穂城退去後ここに家屋を建て

仇討ちのために江戸へ出発するまでの1年余りを

過ごした地です。


大石神社


パレードの最後は大石神社。

大石神社は大石内蔵助良雄をまつるため内蔵助が

隠棲した岩屋寺に近いこの地に創建された神社です。


花子


こちらには只今 ミニホースの花ちゃんがいますよ。

平成11年4月30日生まれで8歳の時に大石神社に来たようです


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー