皇居・・・♪

今回のブログは京都の紹介ではなく 東京です。

江戸時代に徳川歴代将軍が居城としていた 皇居です。

明治維新後 明治天皇が 京都御所よりこちらに移り

それ以降 歴代天皇がお住まいに 宮殿では諸事情が

行われてきました。

現在の宮殿は昭和43年(1968)に完成したものです。

皇居の面積は115万平方メートルで 京都御苑の10倍以上の

敷地がありとても広いです。

見学は東京駅に近い方の 桔梗門から入場です。


入り口


まずは窓明館(そうめいかん)で参観の説明を聞きます。

その前には元枢密院(もとすうみついん)庁舎があります。


枢密院


こちらは大正10年(1921)に完成したもので

現代の国会議事堂のモデルになった建物と言われています。


富士見櫓は江戸城の本丸の建物の中で 現存する貴重な

遺構となっています。


富士見櫓


三重の櫓はどこから見ても同じ形に見えるため

八方正面の櫓とも呼ばれています。

蓮池濠(はすいけぼり)は真夏に多く咲きます。


蓮池



この日は7月10日だったので 残念ながらまだまだです。

富士見多聞(ふじみたもん)には江戸城本丸の武器を

収めていた所になります。


富士見多聞


宮内庁庁舎は昭和10年(1935)に建築された建物で

仮宮殿としても使用されていました。


宮内庁庁舎


宮殿東庭は新年の一般参賀が行われている所です。

テレビで見ているともっと高い所にあるのかな

と思っていましたが以外と低い位置でした。


宮殿東庭


現在の宮殿は、天皇皇后両陛下のお住まいになるところではなく

国賓等の接伴や国の公の儀式・行事などに使われています。


二重橋


正門鉄橋 通称二重橋は、その橋がまだ木橋であった頃

橋桁を二重に組んでいたことから、二重橋と呼ばれる

ようになりました。

伏見櫓(ふしみやぐら)は 三代将軍家光の頃に京都の伏見城の櫓を

解体して移築されたと伝えられています。


伏見櫓


こちらに京都での遺構があることに感激してしまいます♪

皇居で最も美しい櫓と言われているんですよ~♪

山下通りは緑がいっぱいの所になります。


松


1時間15分のご案内でした



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー