石清水八幡宮・・・♪

5月2日に 石清水八幡宮に行って参りました。

もう5月10日で終わってしまっているのですが

春の京都非公開文化財特別公開が19カ所の寺社で

公開されていました。


本殿


こちらは 三大勅祭の一つ石清水祭が斎行される神社として

有名です。

後の二つは葵祭の名で親しまれる賀茂祭と奈良春日大社の春日祭です。


かんばん


勅祭(ちょくさい)とは・・・天皇陛下のお使いである勅使が

天皇陛下からのお供え物を供えに参向される祭典のことです。

住所は 京都府八幡市八幡高坊30 

京都駅からは近鉄で丹波橋で京阪に乗り換え八幡市で下車。


ケーブル


男山ケーブルに乗り換えてお山の上にまいります。

ケーブルのブルーのフレームに注目です。

エジソンが白熱電球を発明し石清水八幡境内に生えている竹を

フィラメントの材料に使用したことでも有名です。


でんきゅう


なのでフレームの形は電球と同じ形にデザインされているのです♪

男山山頂には3分で到着。


やま


都会から離れた山の中です。

早速おさるさんが お出迎えです。

おさる



山なので猿を見ても不思議には思わなかったのですが

神社にお参りして神主さんにお伺いしたところ

びっくりされていました。


灯籠


こちらでは猿は住んでおらず普段見かけることは一切ないようです。

過去に一度だけ不思議な事があったようです。

平成21年から24年にかけて社殿の大改修をされた時に

一度だけ一匹の猿が現れたようです。


かえるまた


それは・・・

石清水八幡宮の見どころの一つに極彩色の華麗な彫刻が

多くみられます。

その中の一つに猿の彫刻があります。


目貫


伝承では江戸時代の名工 左甚五郎の作と伝わるものです。

あまりにも見事な彫刻のため 猿に魂が宿って夜な夜な社殿を

抜け出しては悪さをしていました。

そこで彫刻の猿の右目に釘を刺し抜け出さないようにされたようです。

その釘を修復の時に抜いた時に本物の猿が現れたようです。


階段


神主さん曰く・・・

どこか修復が必要なのかなぁ~?

不思議です・・猿の写真くださいね。って( ̄▽ ̄)

他にも見どころいっぱいで織田信長公寄進の黄金の雨樋や


塀


信長塀(のぶながべい)・・・瓦と土が幾重にも重なっています。

かわいい鳩の神門とか


はと


斜めに石垣をカットした社殿の鬼門封じ


きもん


いろんな変わった450基程の石灯籠があるのですが

その中でも一番古い鎌倉時代の重要文化財の石灯籠もあります。


鎌倉灯籠


長い境内の真ん中にぽっこり置いてある一ツ石。


一つ石


かつては競馬の出発地点であり勝運の石です。


他にもまだまだ・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー