六道珍皇寺・・・♪

只今 第49回 京の冬の旅で 非公開文化財特別公開をしています。

その中から 東山にある六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)に行って

参りました。


もん


お盆の精霊迎えで有名なところです。

毎年8月7日から10日までの4日間に ご先祖様を

迎える鐘を多くの方が突きにいかれます。


かね


今回は 10世紀頃の作と判明した「毘沙門天立像」が

部分修復後初めての公開となりました。

またこの世とあの世の結びつきを描いた 地獄絵

「熊野勧心十界図」と「珍皇寺参詣曼荼羅図」の

特別展示もありました。


まんなか


この六道珍皇寺は 境内より奈良時代の瓦も出土している

ことより 平安時代以前に存在した寺院のあとを継いで

いることは ほぼ間違いないらしいです。


すいきんくつ


中世の兵乱に巻きこまれ 荒廃しましたが

南北朝期(1364年)建仁寺の住持であった聞溪良聰(もんけいりょうそう)

により再興・改宗され 現在に至っています。

ということで六道珍皇寺は、建仁寺の塔頭になります。


やしろ


古来よりこの境内あたりは 冥界への入口と信じられてきました。

平安京の東の墓所であった鳥辺野に至る道筋にあたり

この地で 野辺の送り(のべのおくり)をされたことによります。


えんま


六道とは・・・

地獄道(じごく)・餓鬼道(がき)・畜生道(ちくしょう)

修羅道(しゅら)・人間道(にんげん)・天道の六種の冥界をいいます。

死後どこに行くかは 今のあなたのおこないに 掛かっていますよ!


御朱印


閻魔大王が死んだ人間を天国に送るか

地獄に送るかという裁判をされるんです。

こちらは閻魔・篁堂(えんまたかむらどう)です。


えんまどう


中には閻魔大王座像や小野篁(おのたかむら)像があります。

この小野篁が 凄いかたなんです♪


めいどがよい


閻魔王宮の役人ともいわれ 昼は朝廷に出仕し

夜は閻魔庁につとめていたという奇怪な伝説があります。

こちらの 冥土通いの井戸を使って冥土へ行き閻魔大王の

裁判補佐をされていました。

そして帰りは 黄泉がえりの井戸から戻ってこられたのです。


よみがえり


最近発見されたものです。

薬師堂には 重文の本尊 薬師如来坐像(平安時代)が安置されています。


やくしどう


なんと 日本では最初の大師号が与えられた

伝教大師最澄作と伝わっています


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー