法住寺の義士会法要・・・♪

12月14日 法住寺に行って参りました。

三十三間堂の東側にあり 平安時代は大きな寺領を誇る

「法住寺殿」があったところです。

朝 10時30分より義士会法要がありました。


看板


江戸時代 1702年12月14日 播州赤穂浅野家の

浪士四十七名が吉良上野介の屋敷に討ち入り

その首級を挙げたという忠臣蔵でおなじみのお話です。


太夫うしろ


法住寺には後白河天皇が御信心されていた

不動明王がまつられています。

不動明王像は「身代わり不動尊像」とも呼ばれています。


はだし


法住寺殿が木曾義仲の焼き討ちに合った際

義仲の矢は当時の天台座主に当たった。

天台座主のおかげで法皇が難を逃れたことから

「身代わり不動尊像」と呼ばれるようになりました。


和尚


後に 江戸時代に入り大石良雄が仇討ち祈願をしたのが

こちらの身代わり不動尊像です。

山科に住んでいた大石良雄がなぜ こちらにお参りに来られたのか・・?


太夫横


大石良雄は祇園・島原・伏見によく遊びに行かれていました。

その街道沿いにあるのが法住寺です。

大石良雄はただ遊びに行っていただけではなく

本堂


敵の目を欺くため

お不動さまに祈願をされるため

公家の方の出入りが多いお寺であったため

こちらに来れば江戸の情報がよく分かったためです。


法要


また同志が集まり 会合もされたようです。

なので四十七士の木像も安置されています。

10時40分 島原の横川太夫の太夫道中です。


阿弥陀堂


現在の門から 旧御陵正門までの約20メートルの道中です。

誰の御陵かというと後白河法皇です。

後白河法皇といえば・・・

おにわ


庶民が歌う七五調の歌謡曲である今様を好んでいたことでも

有名ですね♪

歌いすぎでたびたび喉を痛めてしまうほどのようでした。


しおまんじゅう


横川太夫の衣装も 髪飾りも とても豪華できれいですね♪

太夫は こんな寒い日でも いつでも裸足で 大変ですね。

住職の方による法要の後 舞妓さんによる献茶式が営まれます。


よにん


その後 書院では太夫のお点前による お茶席があります。

太夫さんは薮内流です。

お点前中の写真撮影は禁止ですが

お茶を頂いたあとに 舞妓さんとかむろも一緒に

写真撮影ができます。


旧門


この日は 日曜日とも重なり 大勢の参拝客がいらっしゃり

私は5席目で2時間まちでした。

整理券が配られるので その間に すぐ近くにある

京都国立博物館に行ったもできますよ。


そば


境内では討入りそばの接待があります。(1000円)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー