光雲寺(こううんじ)・・・♪

12月になって急に寒くなり、紅葉もすっかり終わっていまし

なんか寂しいですね。


もん


11月27日に 光雲寺(こううんじ)に行ってきました。

通常は拝観できないお寺なんですが 今年の秋の特別公開で

久しぶりに公開されていました。


入り口


場所は哲学の道の少し西側で 南禅寺境外塔頭で

東福門院和子(とうふくもんいん まさこ)の菩提寺です。


方丈


東福門院は 徳川2代将軍 秀忠の娘で

武家から朝廷へ嫁いだ初めての女性です。


反対側


徳川家康は徳川家を天皇の外戚とするべく 和子を

第108代後水尾天皇に送り込んだと考えられています。

和子は二条城で儀典を執り行い 御所に入りました。


池


和子は14歳で入内して 後に女性天皇である 明正天皇の母に

なりました。

後水尾天皇と天皇家を押さえつけようとする幕府の間を

取り持つことに奔走する気苦労の多い生涯であったようです。


部屋沿い


後水尾天皇が修学院離宮を建てた費用の大半が

和子の要請により幕府から捻出されました。

また宮中に 小袖を着用する習慣を持ち込みました。


鐘楼


現在こちらのお寺には明正天皇が寄進した鐘楼が

当時をしのばせます。

光雲寺のお庭の池には琵琶湖疏水をひいています。


もみじ


昭和2年に第7代小川治兵衛によって大幅に 手が加えられた

池泉式の庭園になってます。

方丈の東側には 加藤清正が朝鮮より招来した瑪瑙(めのう)の

手水鉢があります。


めのう


これは徳川家の手に入ったものを 和子が寄進したものです。

光雲寺の特別拝観は12月7日までです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー