将軍塚青龍殿・・・♪

京都の新しい名所、将軍塚青龍殿に行ってまいりました。


全景


行き方は 12月23日までは 朝9時より夜の9時30分まで

青蓮院からシャトルバスが30分毎に運行されています。

ばす


将軍塚青龍殿は元々は 北野天満宮の南側にあった 京都府警の柔剣道場

として使われていた大正初期に建築をされた総檜造りの素晴らしい

文化財を譲り受けて移築し再建されたものです。


せいりゅうでん


新しいものを建てるより修復の方が費用は掛かりますが

技術と伝統が継承された価値ある建物になりました。


なか


国宝「不動明王二童子像」を安置する部分は

鉄筋コンクリートの奥殿で 温度 湿度が一定に保たれ 管理されています。

ガラス張りの「不動明王二童子像」の前で護摩木が焚かれます。


舞台から


平安時代から信仰されてきた「不動明王二童子像」を

3年をかけ修復され 初の御開帳です。

因みに青連院の「青不動」は、高野山明王院の「赤不動」

三井寺の「黄不動」とともに日本三大不動画のひとつです。

ぶたい


標高約200メートルから京都市街を一望する約1200平方メートルの舞台です。

なんと約500人収容可能のようです。

こちらの舞台は清水寺の舞台の4.6倍の広さです。


眺望


眺望がすばらしく 来年の 五山の送り火の中継はこちらから

されるのでは・・・と 一番に感じました♪

将軍塚は桓武天皇が京都が都にふさわしい場所ということを

確認されたところです。

将軍塚


天皇は都の鎮護のために高さ2.5メートル程の将軍の像を土で作り

甲冑を着せ鉄の弓矢を持たせ太刀を帯させ

塚に埋めました。


こうよう


これがこの地を将軍塚と呼ぶ由来になっています。

お庭も新しく整備され 紅葉に桜もあり お花見の新名所に

なりそうです。

石庭


今年はもうすぐ紅葉が楽しめそうです。

帰りは山道を知恩院に向かって降りてみました。

次回につづく・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー