上賀茂神社の式年遷宮・・・♪

世界文化遺産の上賀茂神社です。


せきひ


上賀茂神社は 確かな創建年代がわからないほど古く

山城国風土記によると 最初の天皇の神武天皇のころ

賀茂別雷大神が神山(こうやま)降臨したようです。

大きな一の鳥居があります。

一の鳥居


二の鳥居までの広いスペースで

あの葵祭の祭事が執り行われています。

上賀茂神社の二ノ鳥居をくぐると細殿と呼ばれる拝殿があります。


たてすな


その前に左右一対の白砂で作られたきれいな円錐形の盛砂。

何かしら・・・?案内板によると

立砂(たてずな) 盛砂(もりずな)とも云い

「たつ」とは神様のご出現に由来した言葉であり

神代の昔ご祭神が最初に降臨された

本殿の後2kmにある神山(こうやま)に因んだもの・・♪

清めの砂

 
鬼門・裏鬼門にお砂を撒き清めるのは

 此の立砂の信仰が起源で

 「清めのお砂」の始まりである。


かんばん



本日の特別拝観は国宝本殿の檜皮葺吹き替えの工事現場に

ご案内いたします。・・・と

いうことで 間近で 屋根を見てきました♪

とてもラッキーです♪ これが最初で最後のチャンスかもです^^

これは只今 上賀茂神社では 奈良時代から続く21年に一度の

式年遷宮 を来秋に控え 修理をされています。

本殿


式年遷宮とは 祭神に新しく清浄な社殿へ定期的に移ってもらう

儀式で 今回で42回目になります。

本殿にいらした神様は 現在は 西側に隣接する仮遷宮にいらっしゃいます。


本殿から


式年遷宮は 江戸時代までは社殿を造り替えされていました。

現在は国宝などに指定されたため 修理にとどめていらっしゃいます。

もん


2015年10月には権殿から修理を終えた本殿に

祭神を戻す「正遷宮」が行われます。



上賀茂神社の境内はとても広くて 境内には24もの

摂末社(せつまつしゃ)があります。


かたおかしゃ


その中でも特に女性が熱心に祈願される社が

片岡社です。

片岡社には賀茂別雷神の母、玉依姫(たまよりひめ)が

祀られています。


すず


玉依姫は平安時代より恋愛・子授け・安産の神様として

著名で 源氏物語の紫式部も参拝されているんですよ♪


ならの小川


上賀茂神社の中を流れるならの小川では様々なみそぎが行われいます。

静かに流れる様子を見ていると 心が癒されます


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー