妙心寺の塔頭 龍泉庵・・・♪

妙心寺の南総門から入ってすぐの 龍泉庵(りょうせんあん)に

行って参りました。


みなみ総門


こちらは普段は非公開のお寺です。

ただいま京の冬の旅で7年目にして公開中です。

妙心寺は応仁の乱ですべて 廃墟となりましたが

雪江宗深(せっこうそうしん)が細川勝元の援助により再興しました。


りょうせんあん


龍泉庵は龍泉派の本庵で 開祖は妙心寺10世

景川宗隆(けいせんそうりゅう)です。

景川宗隆は雪江宗深の一番弟子で最も広い土地をゆずられたようです。


やね


文明13年(1481) 妙心寺の四本庵の中で最初に創建された塔頭で

中に入ってみるととても広いのでびっくりです。

平成11年の開祖500年遠忌にあわせて100面に及ぶ障壁画がすべて

新しくなっています。


ろうか


日本画家の由里本出(ゆりもといずる)氏によって描かれました。

由里本氏は京都市生まれで 金沢美術工芸大学を卒業後 堂本印象に師事。


にわ


壮大なスケールの風景画 なかでも金沢で修学していたこともあって

北国の海と大地を描いたものに定評があります。

玄関の部屋は「昇龍図」がありいきなり大きな龍が出迎えてくれます。


いりぐち


他には越前海岸や比叡山浄土寺に咲く 沙羅の木などが描かれています。

龍泉庵の寺宝として 長谷川等伯の「枯木猿猴図(こぼくえんこうず)」

も特別展示されています(複製)。


さらしょうじゅ


京の冬の旅は3月18日までです。

話はかわりまして

お土産には笹屋昌園の本わらび餅を買いました。


ささやそうえん


これは数量限定でつくられているので電話で予約してから

行かれる方がよいとおもいます。


きわみ


食べ方は自分で2本のスプーンですくってきな粉をつけて

食べないといけないので ちょっと手間がかかります。


わらび


お店の人曰く・・・

「この食べにくさを楽しんでください」

長時間きな粉につけたままにすると食感が低下するようですよ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー