乃木希典と乃木神社・・・♪

近鉄電車の「桃山御陵前」から歩いて15分程の所にある

乃木神社に行って参りました。

住所は 京都市伏見区桃山町板倉周防32-2 です。

明治天皇陵の麓にあります。

もん



大正5年(1916)9月に創建 日露戦争を代表する将軍と評価された

乃木希典(のぎ まれすけ)を祀る神社です。

乃木希典は 明治45年 天皇崩御により 妻静子とともに

大喪の当日自邸にて殉死を遂げました。


ひ


乃木神社は北海道・栃木・東京・香川・山口にも建てられました。

神門は樹齢3千年という台湾檜1幹で立てられたという大門です。


たいぼく


境内はとても広いです。

資料館には日露戦争前後の関係資料が展示されております。


しりょうかん


乃木希典は日露戦争後 旅順攻撃で死んだ多くの将兵の犠牲を

償うため割腹して詫びたい旨を天皇に申し述べました。

天皇は・・・

「卿が割腹して朕に謝せんとの衷情は朕よくこれを知れり。

 然れども今は卿の死すべきときにあらず。卿もし強いて死せんならば

 よろしく朕が世を去りしたる後においてせよ」・・・


せんそう


西南戦争の時 明治天皇から給わった軍旗を薩摩軍に奪われ

割腹し責任を取ろうとした乃木を天皇は止めました。

乃木はこの恩を忘れたことはなかったようです。


はいでん


拝殿の絵馬額には 欅の一枚板に 乃木将軍の愛馬が彫られています。

乃木の愛馬の璞号(あたらまごう)


あらたま


記念館は 日露戦争のとき満州で第3軍司令部として使用された

民家を 建物全体を買い上げ そのまま移築したものです。


きねんかん


建物の中には 戦時中のエピドードがパネルで順番に

説明されています。


ぱねる


長府の乃木旧邸です。

父・希次は 江戸の長府藩剣術・礼法の小笠原指南番でした。


ちょうふ


幕末 藩主の要請で藩の改革を提言したところ 快く思わない幹部により

一家は江戸を追われました。

長府に閉門蟄居の身となり 家族は慎ましい生活を強いられました。

乃木の名水という「勝水」と

その隣にある全てに勝ちま栗の祠です♪

やしろ


勝ちま栗の絵馬もあります。

乃木は明治天皇の要請により 学習院院長(1907)に就任しました。


わらいしし


そして後の昭和天皇となる裕仁親王の教育係をしました。

裕仁親王は後に自身の人格形成に最も影響があった人物として

乃木の名を挙げるほどに親しまれたようです






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー