宮本武蔵が立ち寄った 八大神社・・・♪

京都市左京区一乗寺の氏神で地域の人々に親しまれている

八大(はちだい)神社に行ってまいりました。

門



場所は紅葉が楽しめるエリアで詩仙堂のすぐ東隣です。

一乗寺下り松のバス停より坂道を歩いて10分位の所にあります。

古来より「北天王(北の祇園)ともいわれ 都の東北隅

「表鬼門」に位置しており 方除けの神として信仰されています。


しせんどう



家を建てる時なんかは 方位は特に気にしちゃいますよね!

方位が良ければ物事が良い方向に進むのでわ・・と

思いたくなります。


さとり


八大神社では 方位・方角にまつわる災厄や障りを祓い清め

神様の御加護を得られるよう御祈願していただけます。

北の祇園と呼ばれたのは 祇園にある八坂神社と同じ

スサノオノミコトを御祭神としているからでしょうか。。


かんばん



こちらの御朱印が珍しく三色です。

通常は黒の墨文字と朱色の印ですが・・・

この緑の姿の御方は・・・宮本武蔵


ごしゅいん


戦国時代末期から江戸初期までを生きた二刀流剣術の開祖です。

慶長9年(1604) 宮本武蔵が吉岡一門と決闘したと

伝えられています。


かいだん



宮本武蔵が一乗寺下り松に立って多数の敵にまみえた日に

朝もまだ暗いうちに八大神社の前で

「勝たせたまえ。きょうこそは武蔵が一生の大事」と

思ったが・・・


どうぞう


祈らずに下り松の決戦の場に駆け向かったと言われています。

「我れ神仏を尊んで神仏を恃(たの)まず」という信念からのようです。

神様は尊ぶもので すがったりお願いをするものじゃない。

て ことでしょうか。


き



吉岡一門ってどんな存在だったのでしょうか?

吉岡流は 源義経を開祖とする吉岡清十郎・吉岡伝七郎を

京八流 吉岡道場の達人とする。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー