晴明祭と京友禅の体験・・・♪

9月23日 秋分の日は晴明神社である年中行事の中でも

最も重要なる祭儀 神幸祭の準備中でした。


こども


ご祭神の阿倍晴明(あべのせいめい)を神輿にのせて氏子町を

練歩きます。


みこし


阿倍晴明は幼い頃から非常に賢明な方で

天文暦学の道を深く極め 神道を思いのままに操る霊術を

身につけられておられたのです♪


こてきたい


鼓笛隊の列にも多くの子供達が参加しています。

晴明神社の社紋のキキョウもまだ咲いていましたよ。

ききょう



西陣会館まえで待機中のう馬達です。


うま


少年鼓笛隊を先頭に鉾・獅子・御神宝・飾馬等に晴風稚児

八乙女・四神稚児など総勢500名が列をなします。


けんぼこ


しかし・・・

この日は「京友禅染の体験」の予約をしていたので

丸益西村屋に移動です。


たいけん


場所は二条城の南東方行で

京都市中京区小川通御池南入る です。

京友禅は 江戸時代の中頃 扇面絵師・宮崎友禅斎が考案した

技法で着物に模様を描いたのが始まりです。


おみせ


現在は型紙を用いて染色する「型友禅」と

手描きで染め上げる「手描友禅」があります。

体験は誰でも簡単にできる 擦りこみ友禅です♪


かたえらび


まずは擦りこむ素材を選びます。

はんかち・かばん・ランチョンマット・ティーマットなど

いろいろあります。


せんりょう


擦りこむ絵柄のパターンも花・動物・祭・行事・景色など

いっぱいある中から選びます。

私は源氏物語の中から第1帖の「桐壷」です。


かた1



型は染める色の枚数だけあります。

それを順番に置いていき一色づつ染めていきます。

うすい色の上に違う色をのせてグラディーションを

作っていきます。


ひめ


色選びは自由ですが 変になったらイヤなので

なるべく見本に忠実に色を置いていきます。

型がずれないようにしっかり押さえて

トントンと刷毛で塗り込んいきます。


びょうぶ


かなり集中してしまいます~♪

出来上がってくると楽しいです・・♪

店内は広くて修学旅行生も体験にきてました。


むかい


以外と男性もいて カップルで楽しんでいます。

お店には有名人も結構あそびに来られているようですね。

この日もテレビ撮影がありましたよ。


さいん


体験が終った後は 隣りのカフェで一休み。

体験の前にランチを食べたとこなのに 集中したので

もう 小腹がすいてきました^^


かふぇ



擦りこみ体験とパンケーキ&コーヒーで1800円コースです。

他にもいろんなコースがあります。

ぱんけーき



歩きまわる京都観光に疲れたら 座ってゆっくりできる

手作り体験も楽しいですよ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー