桂春院(けいしゅんいん)庭園・・・♪

妙心寺の塔頭 桂春院(けいしゅんいん)庭園に行って参りました。

桂春院庭園は北門から入り 花園会館側にございます。


いりぐち


織田信忠(信長の長男)の次男である津田秀則が建てた


見性院(けんしょういん)が始まりです。

津田秀則の死後 石河貞政が書院・茶室等の建物を完備し

桂春院と改めました。



げんかんにわ


石河貞政は豊臣秀吉の重臣となり 江州長浜城主に封じられた。

秀吉亡きあと 徳川家康に従軍し 関ヶ原の戦いで東軍として

功績をあげました。


かとうまど



老後は 京都にうつり余生を茶道に親しみました。


清浄の庭(しょうじょうのにわ)


せいじょうのにわ


白砂の渓流が音をたてて流れている様子を表しています。

しかし 白い砂が写ってなくてすいません

廊下が2つに別れていましてここは 茶室で

希望者はお抹茶がいただけます。


ちゃしつ

方丈の内部は狩野山雪による襖絵で飾られています。

「金碧松三日月図」などがみられます。


ほうじょう


侘の庭(わびのにわ)は1931年に国の史蹟名勝に

指定されました。


わびのにわ



飛び石づたいに既白庵茶室へと繋がる露地庭になってます.

桂春院のパンフレットの表紙にもなっているお庭

思惟の庭(しいのにわ)です。


しいのにわ


十六羅漢石や中央お礎石を座禅石に見立て

まるで仙境にいるかのような雰囲気を楽しむ事が出来るそうです。

仙境は 仙人が住むという所で俗界を離れた静かな場所です。


方丈の前に広がる真如の庭(しんにょのにわ)です。


しんにょ


「つつじ」が綺麗に刈り込んであります。

背後にはあおあおした楓が生い茂り足元には美しい苔がしっとりです。


こけ


こちらからはお庭に降りて 歩いて見ることができます。

思った以上に広い空間が広がります。

秋はもっと綺麗な景色が楽しめそうです

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー