天球院の方丈障壁画・・・♪

妙心寺派の禅寺である天球院(てんきゅういん)に行って参りました。

場所は妙心寺北門からすぐのところにあります。


てんきゅういん


この天球院という名は 姫路城主の池田輝政(てるまさ)の妹の

天久院という院号からとったものです。

池田輝政は徳川家康の次女督姫(とくひめ)を妻に迎えていました。


いりぐち



輝政は関ヶ原の戦いでは東軍につき 家康から播磨52万石を与えられ

姫路城主となりました。

池田輝政一族には芸術的建物を建てる趣味があったようです。


にわ1


天球院は拝観寺院ではないので通常は非公開ですが・・・

重要文化財にも指定されている障壁画が この度約9年ぶりに

特別公開されることになりました。


へきめん



天球院の方丈障壁画のデジタル複製画8面が完成し5月25日日から

明日9日まで特別公開されています。

障壁画は先月まで京都国立博物館で公開されていた京都狩野派の

狩野山楽・山雪作でとても興味深いものでした。


ひめさら
 ★姫沙羅双樹・・・♪


デジタルカメラで撮影し 高精細の印刷をした上で西陣の伝統

工芸士が金ぱくを施しているようです。

同じ部屋の中にデジタルと違う絵柄ですがオリジナルのものがあり

見比べることができます。


ちょうじばち


金ぱくもピカピカじゃなく古い渋い感じでオリジナルと変わらない

イイ感じでした。

複製は「竹に虎図襖」4面と青い「朝顔図襖」4面です。


いし


拝観料は1000円でちょっと高いけど文化財を保存していくためには

仕方ないですね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー