出町青龍妙音弁財天堂・・・♪

あけましておめでとうございます。

今年は巳年でヘビにまつわる社寺へ、ということで

「出町青龍妙音弁財天堂」へお参りしてまいりました。


でまち



住所は 京都市上京区青竜町232-1 出町橋西詰め

高野川と賀茂川との合流地点の「出町商店街」の東側です。

あの豆餅で有名な「出町ふたば」の近くにあります。


みょうおんどう



この辺りを「出町」と呼ぶのは何故かといいますと

賀茂川をのぼりますと 貴船・鞍馬・花背があり

高野川を上ると 岩倉・八瀬・大原などの里があります。


けいだい



これらの村々の里人たちが 買い物に出る町としてあったところより

「出町」と呼ばれるようになりました。

「出町妙音堂」は弁財天が祀られていて 出町商店街の人たちや

出町に買い物に出て来た人たちの信仰を集めています。


とりい



この弁財天は比叡山無動寺・京都御苑内の白雲神社弁財天と

共に 都三弁財天と称されているので有名です。

こちらのご本尊は 弘法大師御筆「妙音弁財天画像」です。


ほんどう



幸福を招く7人の神様の中の「弁財天」はインドの神で

聖河の化身とされています。

「妙音弁財天」が賀茂川口に祀られているのはこのような

意味があるからとされています。


へび1



七福神のうち唯一の女性で頭に白蛇を飾る宝冠をつけ

琵琶を弾いています。

福徳円満・財宝増益・技芸上達の願いを叶えていただけます。


かわら



奥にある白い六角堂の周囲を 自分の年の数だけ廻って一心に

祈ると 必ずご利益があるとされています。


ろっかくどう



私は1回だけまわってきました。

まだまだ修行がたりません。

「妙音堂」の歴史をみてみると 今からおよそ780年前の

元仁元年(1224)西園寺公経(さいおんじきんつね)によって

金閣寺あたりに「西園寺」を建立した時にさかのぼります。


しろへび



この西園寺家は 代々琵琶の宗家として 数多くの曲を伝承した

琵琶の家元でした。

「妙音堂」は伏見・嵯峨・東京と移り 現在の青龍町に建立されました。


べんざいてん



昭和34年に妙音奉讃会大会を 相国寺の大方丈にておこない

以来 出町の商店街の人たちの賛助により益々盛大になっています。


それでは 今年もよろしくおねがいいたします


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー