妙心寺の法堂と明智風呂・・・♪

朱色が鮮やかなのこちらの建物は 妙心寺の山門です。

JR花園駅の北側に壮大な伽藍を構える 臨済宗派の大本山です。


さんもん



昔 この地域には花園天皇が花園離宮あり お花畑があって 四季折々に

美しい花が咲き乱れていたようです。

しょうめん



花園上皇は法皇となり 花園御所を禅寺に改めることを発願し

大徳寺の開山の宗峰妙超(しゅうほう みょうちょう)に

「師の亡き後 自分は誰に法を問えばよいか」とたずねたところ

弟子の中でも特にすぐれたの関山慧玄(かんざん えげん)を推薦しました。


いりぐち



その後 足利義満の圧迫や応仁の乱で伽藍を焼失しましたが

細川勝元の援護を得て大いに栄えました。

江戸時代には臨済禅の本流となり 徹底した組織運営をし

臨済宗きっての巨大集団を形成しました。


ほうじょう



現在の妙心寺は 塔頭46ヶ寺 末寺は日本をはじめ世界各国にわたり

3,400ヶ寺余り 在籍僧数は約7000人を数えます。

関連機関として花園大学・花園高校・花園中学校

そして洛西花園幼稚園などもあります。


はいかん



江戸時代の建立の法堂内の見学はできますが撮影は禁止です。


にゅうじょう



鏡天井には 8年の年月を費やして描かれた狩野探幽の筆による

雲龍図が見られます。

雲龍図を見ながら 妙心寺の歴史や雲龍図の説明をしていただけます。

法堂の中にはもう一つ国宝のお宝がありました。

それは妙心寺の鐘。

徒然草に「およそ鐘のこえは黄鐘調(おうじきちょう)なるべし・・・」

とあるその鐘で 日本で最古(698年)の作のものです。

録音した音色を聞かせていただきました。


みょうしんじかね



黄鐘調鐘のレプリカがこちらです。


方丈の次に 浴室を案内していただけます。


よくしつ



明智風呂と呼ばれている浴室は あの織田信長に謀反を起こした

明智光秀のことです。

でも明智光秀が入浴していたわけではなく

明智光秀の叔父さんにあたる密宗和尚が彼を供養する為に

1587年にこのお風呂を建設しました。


てんじょう



本能寺の変の後 明智光秀は叔父の密宗和尚を頼って

妙心寺に現れました。


ふろ



この時 自刃するつもりだった光秀を説得されたのが密宗和尚です。

しかし明智光秀は山崎の戦いで 坂本目指して落ち延びる途中

竹薮で落ち武者狩りの百姓に竹槍で刺し殺され最後を遂げました。


かま



浴室は蒸し風呂形式になっています。

法堂と明智風呂の拝観時間は 午前9時〜午後5時ですよ~





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー