大徳寺曝凉展(ばくりょうてん)・・・♪

大徳寺本坊の曝凉展(ばくりょうてん)に行ってきました。

ふだん非公開の本坊で絵・書などの虫干しが行われ 狩野探幽筆

方丈襖絵など約100点の寺宝が公開されました。

場所は 京都市北区紫野大徳寺町 です。


きんもうかく



毎年10月第2日曜日に行われるようです。

虫干しなので 雨が降ると中止になり また一年後になります。

大徳寺本坊には 国宝の唐門や 小堀遠州の作庭で 特別名勝

庭園もあり 見どころ満載です。


もん



唐門は日光東照宮の日暮門の模型となっており 彫刻や

金具がきらきらして とても豪華できれいです。

拝観料は 1,300円でちょっとお高いですが 美術館や

博物館でガラス越しに眺めるのではなく 本坊の国宝方丈にずらりと

並べられ 手が届きそうな距離で 拝見できます。


しょうめん


もちろん写真撮影などはできませんが じっくり見ることが

できて とても良かったです。

なので大徳寺のお宝が掲載されている 図録も買っちゃいました♪


ずろく



私が今回行った最大の目的は 牧谿(もっけい)の水墨画

「観音猿鶴図」(国宝)です。

観音図・猿図・鶴図の3作の掛け軸から成る作品で年1回の

この日にしか見ることができない貴重なものです。


さる



その中でも長谷川等伯もその技法に学んだという猿図が

好きなんです♪・・・わたし申年なので(^-^)

教科書でしか見たことが無かったの大きさも分りませんでしたが

大きくて立派で 良かったですよ。


ほん



牧谿(もっけい)は13世紀 宗末元初に活躍し 中唐以来の

水墨技術を総合しました。

これらの作品は足利義満が所有していた事が判っています。

その後 駿河の大名であった今川氏の手に渡り臨済宗へ

そして義元の代に 太原雪斎を通じて大徳寺に寄進されました。


とら



他には円山応挙の子犬や虎の絵とよく似た 中国で描かれた

絵など これを見て学んだのかなぁ~と感じるものが

ありました。

まだ行かれたことのない方 来年 是非どうぞ♪


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー