「櫻谷文庫 木島櫻谷(このしまおうこく)旧宅」・・・♪

7月7日から「京の夏の旅」文化財特別公開が行われていますが

いよいよ9月30日(日)で終わってしまいます。

その中で今回初めて公開されることになった

「櫻谷文庫 木島櫻谷(このしまおうこく)旧宅」のご紹介です。


かんばん



場所は「北野白梅町」のバス停から西に歩いて7分程の

洛星中学・高等学校の前の場代通にあります。

住所は 京都市北区等持院東町56 です。


もん



木島櫻谷(このしまおうこく)とは・・・

明治10年(1877)京都の中心 三条室町の商家に生まれ

早くから動物・風景・人物の写生に興味をもちました。

20歳で第1回全国絵画共進会に 2等賞で入賞して以降

36年にわたり毎年出展し 上位入賞しました。


にほんが



竹内栖鳳と京都画壇の人気をわける注目作家です。

ちなみに第1回全国絵画共進会の 1等賞は

みんなが上を目指すように 該当者ナシ だったようです。


おくどさん



櫻谷文庫は大正2年に建てられ 和館・洋館・画室からなる建物は

いずれも国の登録有形文化財に指定されています。


げんかん


木島櫻谷の居宅でもあった和館2階は広々とした和室になっています。

東は東山三十六峰・比叡山 北の窓からは京都北山・衣笠山が望めます。


2かい



このような風景が遠望できる環境で 画塾の講義が行われていました。


写真撮影が禁止の櫻谷自身がデザインした 洋館の内部が素適です。


ようかん


西洋風の木骨煉瓦造りの二階建ての建物で 内部は螺旋階段になっています。

木島櫻谷はとても竹が好きで特徴的な装飾がほどこされた

竹を配した腰板がかわっています。


また二階では櫻谷の作品を鑑賞することができ

思わず撫でなくなるような 優しい表情のライオンが印象的です♪


わかん



「櫻谷文庫 木島櫻谷旧宅」の公開日は

金・土・日曜日・祝日のみなのでご注意くださいませ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー