高台寺・・・♪

最近は毎日夕方になると 大雨と雷の最悪の天候になり大変ですね。

先日は朝から夏の恒例行事「百鬼夜行展」を開催している

高台寺に行ってきました。


いしだん



夜のライトアップの時には 拝観しましたが 明るい時間に

来るのははじめてです。

高台寺は豊臣秀吉没後 その菩提を弔うために 北政所が

開創した寺とされています。

もん



建仁寺の三江和尚を 開山としてむかえ 造営に際しては

徳川家康が多大の 財政的援助を行っています。

なので お寺は壮麗をきわめたといいます♪


こげつあん


たびたびの火災にあって多くを失ったとされていますが

それでもとても広いです。

受付を通るとすぐにあるのが 灰屋紹益と吉野太夫との

好みの茶席 遺芳庵です。


いほうあん



吉野窓と称する 壁一杯に開けられた丸窓が特色ですね。

檜皮葺きの四本柱の建物であり 三方に唐破風をつけた屋根の下から

観月するための建物である観月台が素敵です。


かんげつだい



こちらの書院から方丈と庫裏が拝見できます。

こちらの方丈庭園がいつもライトアップできれいに飾られて

いるところです。


ほうじょうまえにわ



今回は庭に池をつくられました。毎回デザインが変わるので

楽しみです。

水が下に染み込まないように防水シートを敷くのに

ずいぶん 苦労されたようです。

いけにわ



初日は 朝には水がかなり減っていて試行錯誤 されたようです。

暑い日ですが 見た目が涼しげです♪

こちらは旧持仏堂の開山堂です。


かいざんどう


高台寺第一世の住持 三江紹益禅師を祀る塔所です。

左右壇上には木下家定(ねねの兄)も安置されています。

いよいよ北政所の墓所の霊屋です。


たまや


向って右側に豊臣秀吉像にライトがあてられ

左側には北政所像にライトがあてられています。

そして北政所像の2m下には北政所が葬られています。

それを聞くと 思わず手を合わしてしまいました。


たまやいりぐち



秀吉とねねの恋愛結婚は有名ですね。

子供ができなかったことは残念ですが こんなに立派な

霊屋で永遠に祀られて今は幸せですね。


そうしょく



須弥壇や厨子には 華麗な蒔絵が施され世に高台寺蒔絵と

称され桃山時代の漆工芸美術の粋を集めています。


がりゅうろう



開山堂と霊屋をつなぐ臥龍廊は古くて今は渡ることができません。


霊屋の東側には傘亭があります。


かさてい



利休の意匠による茶席であり伏見城から移建したものです。

傘亭は竹と丸木が放射状に組まれ カラカサを開けたように

見えることからその名があり 正式には安閑窟と呼ばれます。


じぐれてい



時雨亭とは土間廊下でつながっています。

北政所は寛永元年(1624)9月6日 76才で亡くなるまで

向いにある圓徳院で余生を送られました。

こちらの灯籠はねね様のお宝だったのでしょうか!高台寺灯籠と言われています。


とうだいじとうろう


豊臣秀吉が天下をとった時に造った8基の灯篭の1つ。

天皇家の象徴 菊の紋の上に豊臣家の家紋である

五七桐の家紋がのっています♪


菅原道真公を勧請した高台寺天満宮があります。


まにしゃ


横にはマニ車があります。

筒の中には般若心経を写経したものが入っていて 時計回りに回すと

身体・言葉・思考を清め災いを取り除くことができますよ(^_-)-☆


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー