「床もみじ」の実相院・・・♪

「床もみじ」でよく知られている京都岩倉実相院に行ってきました。

場所は地下鉄国際会館から京都バスで10分程でつきました。


もん



住所は 京都府京都市左京区岩倉上蔵町121 です。

紅葉で有名なスポットなので秋は混み合って大変な所ですが

今の季節はのんびり ゆっくり拝観できます♪

建物内と「床もみじ」は撮影禁止になっていますので

パンフを撮ってみました。

ぱんふ



夏は緑のもみじが床にうつっています。

実はこの部屋 畳敷きの部屋でした。

その畳が古くなり取り外したところ 板に綺麗にうつる紅葉を発見!!

それ以来 こちらのお寺の看板になりました (^_-)-☆


にわ



実相院は元天台宗の寺門派の単立寺院で ご本尊は鎌倉時代に

作られたと伝えられる木造立像の不動明王です。


はす



最初は北区の紫野にあり 次に京都御所あたり そして岩倉に移ったのは

応仁の乱の戦火を逃れるためであったと言われています。

実相院は昔から 岩倉門跡とか 岩倉御殿とも呼ばれています。


いりぐち



第111代 後西天皇の皇子 義延(ぎえん)親王が寺を継いだ以降

法総は代々皇孫をもって継承され 宮門跡としての寺格を有しました。

建物はとても古く傷んできてるかんじになっています。


ほんどう



部屋の中も照明は無でかなり薄暗い感じの中に 狩野派の

画家たちの描いた襖絵等がたくさんあります。

岩倉具視もここを借りていて住んでいたり 密談をした様子などが

記された日記も残っているようです。

他にも幕末の倒幕・佐幕両派と繋がりがあったと言われています。


つきみだい



実相院には二つの庭があり 奥の書院と客殿との間にありる

こちらのお庭は撮影OKのエリアです。


暑いですが 風が通ってとても気持ちがよいです。

秋には真っ赤に色づく景色にかわります。


いけ



庭池には日本では数少なくなったモリアオガエルが生息しています。

モリアオガエルは山地の澄んだ水辺にしか生息せず

保護地区以外ではめったに見ることはできないようです。



もんから


8月末までブルーがとても美しい清の時代の星の屏風

「星図屏風と清国地図屏風」が公開中です。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー