旧古河庭園と大谷美術館・・・♪

皆さま こんにちは~♪

いつもは京都のことばかり書いていますが

今回は東京にある大正期に建てられた素敵な「旧古河邸」です。


ふるかわてい



JR駒込駅より徒歩 12分位の所にあります。

場所は 東京都北区西ヶ原1-27-39 です。

旧古河庭園と邸宅は 大正8年に古河財閥3代目"虎之助"が

建てた広さ30,780,86平方メートルの広大な土地に配された

洋館と和洋庭園です。


ようにわ


古河虎之助は明治38年古河財閥の3代をつぎ 古河鉱業社長となりました。

東京古河銀行・古河商事などを新設し 昭和14年日本軽金属を創業しました。

そんな財閥の本館と前庭欧風花壇の設計者は 英国人ジョサイア・コンドルです。


にわから



昨年訪れた コンドル設計の旧岩崎邸が良かったので古河邸も

見てみたいと思っていました。


和風の回遊式庭園は京都の庭師の"小川治兵衛"です。


わのにわ


完成後は 古河財閥の迎賓館として使われ 戦後は進駐軍の

宿舎を経て国の所有となりました。

そして昭和31年(1956)より東京都の管理で公開しています。


とうろう


お庭は予約をしなくてもいつでも見学できますが

建物の管理は「大谷美術館」がされていてハガキでの

申込制になっています。

そして 一日に3回決まった時間に 1時間程度の説明付きで

ご案内して頂けます。


ばらえん


その事を全く知らずに行ってビックリ

「えっ京都からわざわざ来たのにショック~」と

尋ねてみたら

申込者が定員に達していなかったので当日申し込みでも

OKでした\(^▽^)/ よかたぁ~♪


いりぐち


とても暑い今の時期は 見学者も少ないようです。

しかしバラの庭園がとても綺麗な5月・10月は混み合うようですよ!!

バラはいろんな種類があり180株が咲きほこり人気スポットです。

建物の中は写真は撮影禁止でした。


しばふ



建物の構造はレンガ造りで外壁は伊豆真鶴産の赤味をおびた

新小松石(安山岩)で覆われています。

1階は食堂・ビリヤード室などの接客空間で一部は

カフェとして使用されています。


しょうめん



内部は思ったよりもずーっと広くて内装も豪華で本当に

見学できて良かったです♪

天井・壁や柱のルネッサンス様式の彫刻と照明がとてもイイんです。

2階は洋風のドアを開けると家族の居室など私的空間なんですが

コンドルが思い描く和室がどんどん広がっていくところがイイんです♪

花頭窓のような仕切りのある仏壇の間が見ものです(^_-)-☆





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

旧古河邸の関係者です

突然ご連絡して申し訳ありません。実は私の妻(有貴子といいます!)の実家が大谷家でして、義理の姉がご訪問いただいた邸宅の管理をしている大谷美術館の代表をしております。またユキコさんは京都在住ということですが、私と妻はこの夏に東京から京都に引っ越して、今は柳馬場御池上ルに住んでいます(私はNHK大阪局に勤めています)。偶然、色々と共通点があるのでうれしくなって思わずご連絡させていただきました。機会があれば、ぜひユキコさんの案内で京都を巡ってみたいです。また、大谷美術館は古河邸のほか、もう一つ別に重要文化財の和風建築を管理していますので、ご興味があれば情報をお伝えします。失礼しました。
プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー