屏風祭りと「誉田屋」さんのSHINA・・・♪

京都の街中は祇園祭りの飾りつけで賑わってきました。

鉾や山が立つ街角には屏風祭りといって 宵山に山鉾町の人々が

町家の店の間に屏風を立て巡らし 親戚・知人をまねいたり

通りを行く人たちに見せる習わしがあります。


びょうぶまつり



こちらは北観音山が立つ 六角町にあるとても大きな町屋です。

場所は 新町通蛸薬師上る です。

今年はインド南東部のコロマンデル海岸に運ばれた「狩野派」

による山水画が ローケツ染技法で作られた作品が飾られています。


まちや



西欧向けに壁掛けやベッドカバーとして商品化されたものです。

これが南観音山で以前に使われていた18世紀前半の 前懸けです。


まえかけ



こちらは室町三条下がるにある「誉田屋」さんです。


こんたや



このあたりは黒主山が立ちます。

小野小町との歌争いなどで有名な「大伴黒主」が桜を眺めている山です。

創業270年続く老舗帯屋さんなのでお店の前には270匹の鯉が

描かれた巨大なタペストーが飾られています。


こい


毎年一匹づつ鯉が増えていて今年で4匹目です。

今年に描かれた鯉はどれでしょう???と

いうのをされています。

こちらの町家の中をずんずん奥まで入っていくと

「品ーSHINA」というショップとギャラリーがあります。


くら



こちらがとても素敵なんです。

大正時代に建てられた蔵に丸いドームをプラスした

新しい建物になっています。


ぎゃらりー


2階のギャラリーは随時企画展を開催されています。

秋には色の無い万華鏡の光をこちらのドームに写し出す

とおっしゃてました。


がいとう


きっと美しいでしょうね






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー