「龍谷大学大宮学舎本館」・・・♪

西本願寺の南側に「龍谷大学本館」があります。

本願寺大教校として使用された学舎で 明治12年(1879)に竣工した

大宮キャンパスのシンボル的建物があります。

はんがんじみなみ



龍谷大学の歴史は 寛永16年(1639)京都西本願寺境内に創設

された学寮に始まります。

370年の歴史を誇る その発祥の地が現在の大宮学舎です。


もん



とても広い敷地のなかにあって 歩いているだけでも気持ちよく

心豊かになってきます。

住所は 京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1 です。


しゅえいしつ


門を入って現在の 守衛さんの向かいには 昔は守衛所として

利用されていましたが 現在は龍谷大学のオリジナルグッズを

展示する空間となっています。

レンガ造りのこちらの建物は明治初期の洋風小建築物の違例

として 重要文化財に指定されています。


ほんかん


正面にある本館の構造は 木造石貼寄棟造 桟瓦葺 二階建てで

関西における洋風建築の先駆けでした。

以来使われつづけ現在は 重要文化財にも指定されています。

133年前の洋風建築って素敵だったんですね。


かいろ



平成9年に 古き良き時代の気品あるたたずまいそのままに

大改修を行いました。

入り口を入ると正面に階段があります。


かいだん



十字型廊下で仕切られた左右は同じ形の部屋が6室あります。

内部はしっかり奇麗に改装してあります。

階段の曲がり角には 銅鑼がさがっています。


どら



2階には東側に本尊阿弥陀如来像を安置する 講堂があります。

アンティークなシャンデリアあって教会のようです。


こうどう



西側は1階と同じ形の部屋があります。

柱やアーチ・手すりなど各部分に洋風の意匠が施されています。

2階のベランダの鉄の柵がきれいです。



べらんだ


このあたりの様式はロンドンより取り寄せた物のようです。

この本館の左右にある校舎も同じ時期に建てられました。

明治より同じ校舎で現在も学び続けていけることが

平和で優雅です。


きょうしつ


真宗・仏教・史学・文学に関する蔵書が充実する大宮図書館には

国宝・重要文化財などの貴重な史料が多く保存され 教育・研究の

ための大いなる資産となっています。


きょうしつ



8月24日から9月23日まで龍谷ミュージアムも合せて「京の夏の旅」

文化財特別公開されます。

期間中の27・30・3・9・10・18日は見学休止です。


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー