御池寺町の「本能寺」・・・♪

法華宗本門流の大本山の「本能寺」です。

日隆(にちりゅう)聖人が応永22年(1415)開創し 本応寺(ほんのうじ)と名づけ

後に本能寺と改めました。


ほんのうじもん


本能寺の場所は最初は「高辻油小路」にあり2番目は「六角大宮」で

3番目は「四条西洞院」にありました。

「本能寺」はあまりにも火災によって被害に遭うので 能の右側の

「ヒヒ」(火)と重なる文字を 火難から去る意を込めて「去」と

書かれています。


さるのう


現在の場所は豊臣秀吉の命によって 寺町に移転しました。

住所は 京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町522 です。

本能寺と言えばお寺のことよりも「本能寺の変」のお話になってしまいますね。


ごびょう


織田信長の家臣 明智光秀が謀反を起こし本能寺に宿泊していた

主君信長を襲い 自刃させた事件です。

家臣の明智光秀が なぜ謀反を起こしたのかはよくわかりませんが

いろいろと積り積もったものがあるんでしょうね。


のぶなが


それは戦国の最大の謎の1つです。

織田信長が華々しく歴史に登場するのが足利義昭との関係です。

室町幕府の13代将軍・足利義輝 が暗殺され 室町幕府の権力が完全に

喪失している事を示す事件が起こりました。


はか


そして15代将軍・足利義昭は 室町幕府を復活させるために協力者を捜します。

それが織田信長でした。

明智光秀は当初 将軍・足利義昭 と共に活動していましたが

才能を見込まれ織田信長の配下になりました。


ほんどう


しだいに勢力をもった信長は「なんでも織田家の許可を得ること」 と

言った内容の殿中御掟(でんちゅうおんおきて)を将軍・義昭に提出しました。

以来面白くない 義昭は信長を追い落とす行動を起こしました。


がぎゅういし


大きな事件としては抵抗を続ける比叡山延暦寺を許さず 山に火を付けて

寺社・仏閣を燃やし僧侶や女子供3000人を殺害。

そして将軍・足利義昭を追放し 朝廷がする「年号」の変更を

信長が実行し「天正」が発布されました。


からす


後には 3000の鉄砲を持って武田勝頼の軍を攻撃した長篠(ながしの)の戦いや

信長と共に戦って来た徳川家康に妻と息子の切腹を命じるという

厳しい事件などがあります。


あぶらのこうじ


「本能寺の変」がおこった場所は3番目に移った「四条西洞院」

あたりです。

周囲を高い塀と堀で囲う 堅固な構えが特徴だったようです。


ほんのうじあと


現在はデイ・サービスサンターなどの福祉施設になっていていて

油小路蛸薬師通りに碑だけが残っています。


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー