東福寺の塔頭・霊雲院・・・♪

臨済宗東福寺派寺院で東福寺の塔頭・霊雲院(れいうんいん)です。

住所は 京都市東山区本町15丁目801 です。

明徳元年(1390)に岐陽方秀(きようほうしゅう)が開いたとされ

当初は不二庵と呼ばれていました。


もん


書院の額には「不二」と書かれています。

遣明船(けんみんせん)が 明国から儒教創始期の4人の四書や中国最古の

詩集などを運んだ時"岐陽"がはじめてこれらに注釈を加えて講義をされ

後に将軍足利義持(よしもち)に篤く信頼されました。


もみじ


幕末には この寺で西郷隆盛と勤王の僧・月照が維新へ向けて密議を

交わした所です。

月照は尊皇攘夷派の清水寺の僧侶で後に 安政の大獄で幕府から

追われることになりました。


しょいん


京都から逃れ鹿児島へ向いましたが 薩摩藩は幕府の責任追及を回避するため

2人を東目(日向)へ追放しました。

前途を悲観した西郷と月照は入水し 月照のみが死亡しました。

西郷隆盛は奇跡的に 助かり以後活躍しました。


ひろま


清水寺にある「忠僕茶屋」は月照の末裔が永代にわたり営業する茶店です。

日露戦争当時にはロシア兵の捕虜収容所となり 50人のロシア兵が

8ヶ月に渡ってここで寝起きし 彼らが故郷を想って作った弦楽器が

展示されています。


がっき


東福寺全体では1500人もの捕虜が収容されていたようです。


そして霊雲院の見どころのお庭です♪


ひょうたん


背の低い丸い石燈籠と自然石をひょうたん型に 刳り抜いた

手水鉢が置かれています。

霊雲院には「九山八海の庭」と題された庭があります。


くざんはっかい


仏教の世界観でいう 須弥山(しゅみせん)を順に取り囲む

九つの山と八つの海を表しています。


さる


須弥山は 古代インドの世界観が仏教に取り入れられたもので

世界の中心にそびえるという高山のことです。

真ん中にあるのが細川光尚から送られた「遺愛石」です。


いあいせき


7代住職の"湘雪(しょうせつ)"が肥後熊本の出身であり 藩主の

細川氏と親交があったようです。

江戸時代の庭はすっかり荒廃してしまったので明治に 重森三玲が

修復されました。


がうんのにわ


お庭にアートした様な個性的なデザインです。

山の山服と雲と水を色を変えて 立体的に造りあげられてます。

この庭は雲の描く美しさと水の動きを 鞍馬砂や白砂で表しています。



たき


小書院の西のから庭の向こうにある「観月亭」は 豊臣秀吉の

北野大茶会当時のものを移築した茶室です。


かんげつてい


1階が四畳半席・2階が五畳半席の珍しい二階建てです。

月見を催す趣向から「観月亭」と称します。

2階の茶室からは臥雲の庭を眺めながら 悠然と湧く雲に身をゆだねて

夜は月を見ながら茶を楽しむ事が出来るんですよ♪


くも


茶室は普段は非公開のようです。

是非とも2階に上ってみたいです


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

睡蓮の道しるべ^^

始めまして^^

りりーと言います。

睡蓮の記事を探しておりましたら
こちらに辿り着きました。

素晴らしい作品の数々

睡蓮ばかりではなく
あれこれ 拝見させて戴き
コメントまで書くほど 感動させていただきました。
ありがとうございます。

ランキング ポチ

Re: 睡蓮の道しるべ^^

りりーさんへ
遊びに来てくださってありがとうございます^^
京都の紹介をしていてまさか睡蓮で
たどり着いてくださるとは驚きです。
りりーさんのブログは夢がいっぱいですね♪
プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー