平安時代の不動明王像がある「同聚院(どうじゅいん)」・・・♪

臨済宗東福寺派に属する東福寺の塔頭・同聚院(どうじゅいん)です。

本尊は「不動明王」で近畿三十六不動尊霊場の二十一番霊場です。

同聚院は文安元年(1444)に 東福寺第160世・文渓元作(ぶんけいげんさく)が

その師の東福寺第129世・琴江令薫(きんこうれいこん)を開山に

勧請して創建した寺院です。


どうじゅんいん


住所は 京都市東山区本町15丁目800 です。

藤原忠平が創建した法性寺(ほっしょうじ)は藤原氏の氏寺として栄え

寛弘3年(1006)には 藤原道長が40歳の祝賀に当って丈六の五大明王を

安置する壮大な五大堂を境内に造営しました。



けいだい

藤原道長は 娘三人(彰子・妍子・威子)を天皇に嫁がせ 三代の天皇の

外戚となり 政権を独占し 藤原氏の全盛時代を現出しました。

道長の時代には五大堂に 2m以上の迫力ある五大明王が祀られていましたが

その後火事等の災害により4体は焼失してしまいました。


ほんでん


その災害を乗り越えてきた残る1体 像高2m65cmの巨大な

不動明王像が「同聚院」に 祀られていています(^_-)-☆

パンフの写真では迫力が伝わりませんが実際に近くで拝見すると

「わぁっ すごい」という感じです♪


ふどうみょうおう


通称は十万不動さん(じゅうまんふどうさん)です。

拝観料200円を払うと堂内に上がって間近で拝見できます。

「仏師職の祖」と称される 康尚(こうしょう)の作といわれ

平安時代の貴重なもので重要文化財に指定されています。


ほんどうない


この「じゅうまん」という文字は「土力(どりき)」または

「十万」という二字を一字にした文字といわれています。

土の力は産土を表し 土地を守護する仏という意味です。


いし


それと 助けを求める者には十万の従者を参じ救う事から

「十万」不動と称されています。

毎年2月2日に 「「十」の下に「万」の一字」の字を書いた

屋守護(やさご)の符が加持して参拝者に配布されます。


さんどう


この神符を玄関に貼れば その家は火災や諸難を逃れます。

そして福徳円満で子孫繁栄に恵まれると信仰されていますよ


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Re: No title

> あろえさんへ
ありがとうごじます♪
そう言ってもらえるのが何よりです。

また遊びにきてくださいね^^
プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー