花の寺「岩船寺」・・・♪

こちらのながーい石段を登ると関西花の寺25か所霊場

第15番「岩船寺」です。

もう少しするとく「阿字池(あじのいけ)」の周りには紫陽花

スイレン・さるすべりとどんどん綺麗な花が咲きほこります。


やまみち


場所は奈良からの方が近く最寄りの駅はJR加茂駅になります。

住所は 京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43番地 です。

昨日ご紹介した 浄瑠璃寺から山道を歩くと約50分ほどかかります。


かいだん


「岩船寺」の創建は奈良時代の聖武(しょうむ)天皇の頃まで

さかのぼります。

百済(くだら)系の渡来人僧 行基(ぎょうき)に命じて阿弥陀堂を

建立したのにはじまります。


とうろう


行基は東大寺・国分寺建立に協力し日本最初の大僧正の

位を授けられたすごい方です。

京都市内だと苔寺こと「西芳寺」が行基が聖武天皇の命で

建立した寺ですね。


はす


「岩船寺」その後は弘法大師・嵯峨天皇により堂塔が整備されて

弘仁4年(813)に「岩船寺」と称し39の堂塔を誇りました。

たび重なる兵火ののち江戸時代には徳川家康・秀忠らの

寄進により本堂・仏像等の修復もおこなわれました。


ほんどう


なのでこちらには平安時代の阿弥陀如来坐像や

普賢菩薩騎象像などの重要文化財が祀られています。

現在の本堂は昭和63年(1988)再建されたものです。


さんじゅうとう


「三重塔」は室町時代に建立されたものですが 平成15年に

1億円強を掛け 内装もすべて修復されたので色鮮やかで

とてもきれいです♪


さんじゅうとう


修復前の雅な三重塔の姿が良かったと云われる檀家さんも

いらっしゃるようです。

和尚は 修復を繰り返すことによって これから先200年300年また

歴史を伝えていくことができるのですよ。と


さんじゅうとう2


文化財を守ることの重要性を お話されているようです。


この辺りは質の良い花崗岩に恵まれお寺の中にも石仏像が多いです。

入り口には 修行僧が身を清めるための「石風呂」があります。


いしぶろ


温かいお湯のお風呂ではなく きっと水をかぶっていたのでしょうね。


こちらの「石室不動明王立像」は眼病平癒に不可思議な力の現れます。


せきぶつ


おおきな一枚石の屋根をかけたもので 石像には薄肉彫の不動明王が

施されています。

五輪塔は東大寺別当の平智僧都(へいちそうず)の墓と

されています。


ごりんとう


「岩船寺」では毎年10月16日には「おかげ踊り」が奉納されています。

白山神社に伝わる伝統行事の一つです。

秋の紅葉は素晴らしいでしょうね


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー