先斗町歌舞練場で「鴨川をどり」・・・♪

歴史と伝統のある京都の花街は五つあります。

その中の先斗町歌舞練場で行われている「鴨川をどり」を

見てきました。


かもがわおどり


尾上流の「鴨川をどり」は明治5年第1回公演から今年で

第175回を迎え五花街の中でもっとも上演回数が多いです。

先斗町歌舞練場は 昭和2年(1927)に完成した 4階建ての建物です。


やね


場所は 中京区三条大橋東詰めです。

屋根には中国の蘭陵王(らんりょうおう)の舞楽面をかたどった

鬼瓦が据えられています。

蘭陵王とは・・・


らんりょうおう


中国北斉の王・の高長恭(こう ちょうきょう)は わずか五百騎で

敵の大軍を破り 洛陽を包囲するほどの名将でした。

高長恭は「音容兼美」と言われるほど美しい声と優れた美貌であったため

兵達が見惚れて士気が上がらず 敵に侮られるのを恐れ 必ず獰猛(どうもう)な

仮面をかぶって出陣しました。

それが「蘭陵王」の仮面です。


ちょうちん


建物の中には 先斗町で使われている千鳥をデザインした紋章の提灯が

天井一面に 飾られています。

明治5年に 鴨川をどりが初めて開催された際に創案されたもので

千鳥は冬の鴨川に集まる かわいい鳥です。


かもがわ


鴨川沿いにあり そよ風が入り心地よい待合室です。

踊りが始まる前に 舞妓さんのお点前で お抹茶を頂きます。



おちゃせき


お茶菓子にも千鳥の焼印があります。


おかし


お菓子のお皿は記念に 持ち帰りできます♪

抹茶茶碗にも千鳥♪ かわいいです。


まっちゃちゃわん


鴨川をどりの茶席は 立礼式で椅子点前です。

裏千家十一代玄々斎宗匠が外国人の接待のお茶のために

考案された作法です。


踊りは第一部が「源平雪月花」です。

1かいせき


これは平家物語の世界から源義経と 平清盛の娘健礼門院との

恋を舞踊にしたものです。

本格的な上手なお芝居に感動しました。

健礼門院の役をした"もみ蝶"さん きれいです~ (o^_^o)

第2部は「京都春宵」で舞妓さんも芸子さんも総出で

華やかに踊ります。


2ぶだんちょう


期待した以上に良かったです。

お客様には他の花街のお姉さん達もいらっしゃいます。


まいこさん


鴨川をどりは毎年5月1日から24日までです


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー