櫛笥小路(くしげこうじ)と観智院・・・♪

東寺に入る有名な門は九条通にある「南大門」又は

大宮通の「東門」ですよね。ですが

私のお勧めは 八条通にある「北総門」です。


きたそうもん


「北総門」からは櫛笥小路(くしげこうじ)と呼ばれる道が

「北大門」へと続いています。

この櫛笥小路は平安時代から位置も道幅も変わってない道で

昔から多くの人が利用したと言うことです。


くしげこうじ


櫛笥というのは 髪を梳かす櫛の事ですが それ以外にも女性の

化粧用具や身の回り品を入れる箱のことを言います。

平安時代に櫛笥大納言と呼ばれる貴族が住んでいたためとも言われています。


きたもん


その櫛笥小路の東側に「観智院(かんちいん)」があります。

春と秋に特別公開があります。(5月25日まで)

観智院は 東寺の塔頭寺院の一つで 別格本山となっています。

学僧であった杲宝(ごうほう)によって延文4年(1359)に東寺の子院

として創建されました。


かんちいん


"杲宝"は 現在国宝に指定されている「東宝記」という

東寺の創建から 室町時代に至るまでの寺史をまとめた人物です。

観智院は 東寺のみならず真言宗全体の勧学院と位置づけられています。

観智院は格式も高く 政治的会合もよく行われました。


ぜんたいえ


そのため曲者が侵入出来ないように 鴬張りの廊下で 庭の縁側も

下に隠れられないように隙間があります。

天井も一部が紙天井になっていて 曲者が天井裏に侵入すると

重みで落ちるなどの工夫がされています(^_-)-☆


えんがわ


経蔵である金剛蔵には かつては膨大な文書・典籍・聖教類が

所蔵されていました。現在は東寺宝物館に移されています。

客殿は慶長10年(1605) 北政所(ねね)の寄進により再建されたもので

桃山時代の典型的な書院造りの建造物として国宝に指定されています。


まえから


上の間には 宮本武蔵筆といわれる「鷲の図」などの襖絵があります。

吉岡一門と決闘した宮本武蔵は 復讐を恐れ 3年間観智院に

潜んだとのことです。

客殿南には「五大の庭」と名付けられた庭園があります。


にわのえ


弘法大師が唐からの帰途の様子を表してあり 龍神の守護により

無事帰還された故事にちなんで造られた枯山水庭園です。

築山は唐と日本 砂紋は大海・石組みは遣唐船を中心に龍神・神亀

鯱(しゃち)などを表しています。


ちゅうごく


本堂にある「本尊 五大虚空蔵菩薩像」は847年に

入唐僧恵運が請来したものです。


ごだいこくうぞう



唐の都長安にあった青龍寺金堂の本尊であったものと伝えられています。

虚空蔵とは無尽蔵(尽きることのない徳を包含する蔵)の意であり

知恵を無尽に蔵していることをいいます。

菩薩に念じて記憶力を得るという「求聞持法(ぐもんじほう)」の

虚空蔵といわれています。



じゅうさんまいり


京都では「十三参り」があり 13歳の少年・少女が知恵を

授かるため虚空蔵にお参りをします。


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー