鞍馬その4 鞍馬寺金堂・・・♪

こちらの長い石段を登りきると京都の北を守るパワースポット

があらわれます。


かいだん


鞍馬駅から歩いて来たので 大変でしたがケーブルを利用すると

楽に到着しますよ。

本殿金堂前の広場に「翔雲台」があります。

ここは平安京の擁護授福のため本尊が降臨した場所です。


しょううんだい


中央にある板石は本殿金堂の後方より出土した経塚の蓋石です。

経塚には平安時代から伝えられた200余点の遺物が納められており

これらは「鞍馬寺経塚遺物」として国宝に指定されています。

山の中腹に立つの前庭から振り返ると 比叡山が見えますよ。


ひえいざん


秋にはここが一番の紅葉スポットになるようです。

鞍馬寺金堂には本尊の「尊天」が祀られています。

中央に毘沙門天・向かって右に千手観世音・左には護法魔王尊

これらの三身を一体として「尊天」と称しています。


こんどう


尊天はすべての生命の生かし存在させる宇宙エネルギーであるとされています。

いずれも秘仏で 本当の姿を見ることは できません。

鞍馬寺の本宮金堂前には 左右に狛犬ならぬ阿吽(あうん)の

寅がいらっしゃります。


とら


鑑禎(がんてい)が夢のお告げで鞍馬山に登ると鬼女に襲われました。

そして北を守る神様の毘沙門天によって助けられたのが

寅の月・寅の日・寅の刻だったためです。(2月の2時ごろ)


こちらがパワースポットの金剛床(こんごうしょう)です。


こんごうしょう


みなさんこちらで記念撮影をしているので まわりで順番待ちを

しないといけません。

二つの正三角形を逆さに重ねた六芒星(ろくぼうせい)が見えます。

イスラエルの「ダビデの星」とおなじ文様です。


こんどうから


日本でも「籠目(かごめ)」という文様があります。

竹編みの籠の編み目を図案化したもので 魔除けとしてます。

鞍馬寺の謂れによりますと 金剛床の模様は宇宙を表します。


ぜんたい


中央の三角が自分を表していて そこに立って本堂を拝むと良いそうです。


寺務所の前にある 石灰岩が並べられたお庭です。

石灰岩はサンゴ・ウミユリ・二枚貝・石灰藻など 浅い海底に

棲む生物の遺体が埋積されています。


せっかいがん


本殿の横から裏に抜けると 奥の院への参道があります。

「ここから800m」の標示があります。

まずは急な石段を登ってみます。


おか


丘の上に鐘楼があります。梵鐘に刻まれた銘文が紹介されている

「扶桑鐘銘集(ふそうしょうめいしゅう)」にも紹介される名鐘です。

除夜の鐘を撞く為に多くの方が来るよう

ですが夜中だと暗くて危険だと思います。


ぼんしょう


この鐘を撞いた時が ちょうどお昼の12時でした。

お腹が空いてきましたが まだまだ食事をするお店はありません。


やま


これから「木の根道」で有名な山道に入って行きます。


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー