京田辺市にある「無二荘の牡丹園」・・・♪

朱智神社でおにぎりを食べてちょっと休憩し ハイキング再スタート。

しばらく歩くと 京田辺市天王の牡丹園にやっと到着しました\(^▽^)/


むにそう


牡丹の山になっていて 想像していたより広くて驚きです♪

この様子は4月30日の様子です。

こちらは個人の庭園で「無二荘」と呼ばれています。

文字どおり「二つと無い」という意味です。


やま


約1000坪の敷地に 一千株の見事な牡丹があります。

こちらを個人宅で世話をされ また 無償で一般公開されています。


ぼたんぴんく


そもそも「無二荘」のはじまりは明治の初期 現在の当主

辻尾仁郎さんの曽祖父が米一表(60kg)を10株の牡丹と

交換されたことからはじまりました。


あっぷぴんく


現在も2~3株が残っているようです。

大切に育てると長生きするのですね。

その後 祖父の和三郎さんが昭和6年に1万円を投じて

山荘として広げられました。


よこから


当時の物価は2000円で家が建ったようです。

しかし終戦後には 食糧難の時代であったので山の裏の牡丹を

残し 芋畑にかえてしまったそうです。


しろ


そして世の中が落着き現在のように牡丹園が広がりました。



つつじしろ


牡丹だけでなくツツジもかなりあります。

小ぶりの花が密集していてとてもきれいです。


ぴんく


無二荘の牡丹はすべて種から育てたもので開花までに10年も

かかるようです。

そのかわりに寿命はながく数百年と続きます。

牡丹は暑さに弱く 花が開花している期間は3日です。


ちょうちょ


観賞する最高の時間帯は「朝陽の昇る時」とのことです。

朝日を浴びると 外側の花びらがつぎつぎに「ぱぁっ」と

音をたて 開花していくようですよ♪


いろいろ


また夕陽が沈むときは花芯に近い花びらから閉じていきます。

とても大きな花なので動きがわかりやすいようです。


ぴんくよこ


今年の一般公開は5月6日までもう終わってしまいましたが

また来年の予定にどうですか♪

花の開花予定で毎年公開日に変更があるようです


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー