小倉池と御髪神社・・・♪

奥嵯峨にある祇王寺を通り「二尊院」に向かう散策コースは

竹林や田畑がありのどかで 綺麗に整備されています。


にそんいんさくら


こちらの桜は4月17日の様子です。

「二尊院」は釈迦如来像と阿弥陀如来像の二仏を本尊と

することから名付けられた古刹です。


にそんいん


二尊院のまわりには山吹も咲いています。

背後の小倉山には藤原定家ゆかりの遺跡などがあります。


やまぶき


山の上には小倉百人一首の選定の場となった山荘があったそうです。

小倉百人一首の名は 藤原定家の小倉山の山荘のふすまの色紙に

歌が書きつけられていた ことから生まれました。


おぐらやま


藤原定家の日記「明月記」の1235年5月27日の記述によると

宇都宮頼綱(よりつな)=(定家の子の妻の父)の望みに従い

天智天皇から藤原家隆までの歌人各一首を染筆しました。


きれい


これにのちの人が作品を補って現在のものができあがりました。

付近は常寂光寺・落柿舎・渡月橋などの史跡や寺院など

名所旧跡が続きます。


じょうしょうこうじ


何度も歩いている道ですが季節によって表情が変わるので

飽きることはありません。

山の麓には「小倉池」があります。


おぐらいけ


大きな池で しっとりと落ち着いた池です。

小倉池の前には「御髪神社」があります。


みかみじんじゃ


「みかみ」神社と読みます。

嵯峨野観光鉄道(トロッコ列車)嵐山駅前にあります。


とろっこ


読んで字の如く 日本で唯一の頭と髪の神社です(^_-)-☆

ご祭神は藤原采女亮政之(うねめのすけまさゆき)。


みかみじんじゃとりい


時代は鎌倉 この方が結髪業をされていました。

この方のお父さんは 亀山天皇の宮中で宝物係として仕えていました。

宝物を紛失した責任を取って それを探すために諸国を行脚し

最後に下関に居を構えました。


つか


そこで生計を支えるため 息子の采女亮政之が

結髪業を興されたのでした。

御髪神社は 采女亮政之と最も由縁の深い亀山天皇御陵に程ちかい

小倉山の麓に建立されました。


いけとやま


髪の毛の悩みがある方ばかりではなく 全国の理容

美容業者の方々からも信仰されているようです。


おうこうちさんそう


トロッコあらしやまを超えると誰もが絶賛する

そして国の文化財に指定されました「大河内山荘庭園」があります。

じっくり見ていくと1日では無理みたいです



人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー