京都市嵯峨鳥居本町並み保存館・・・♪

昨日のつづきで「嵯峨鳥居本伝統的建造物群保存地区」の

町並みのご紹介です。


つたや


いつも混雑している嵐山駅付近から30分程歩くだけだこんなに

落ち着いた街並みがあるんです。

江戸時代には火を司る神さまを祭る愛宕神社への参詣が

盛んでした。


いちのとりい


この町並みは約600メートルの区間に町屋と草ぶきの

民家があります。



ほぞんちく


平野屋を出て少し降りて行くと「京都市嵯峨鳥居本町並み保存館」が

あります。


まちなみほぞんかん


こちらは この鳥居本の雰囲気をよく残す明治初期の京町家屋を

復元整備して 無料で公開されています。


ぱったりしょうぎ


2階にはむしこ窓や煙出しがあり 玄関にはぱったり床机・駒寄せが

設けられています。


おくどさん


こちらには 昭和初期の愛宕街道の町並みを復元した

模型が展示されております。


あたごでんき


模型をみると昔の愛宕街道の様子がすごくわかります。

昭和19年(1944)までは嵐山から清滝まで「愛宕電気鉄道」が

走っていたようです。


でんしゃ


そして清滝から愛宕山頂にはケーブルカーもありました。

むかしの方がかなり便利だったとは知りませんでした。

でも電車があって便利だと 現在のこのレトロな街並みは

残っていなかったかもですね。


あんてぃーくざっか


もう少し下がって行くと町屋を利用したショップが並んでいます。

日本一大きな「ひげだるま」もいらっしゃいます。


ひげだるま


良縁を導くだるまさんだそうです。


京小物の「井和井」さんのお店のお庭です。


いわいのにわ


日本はおろか世界中でもたった一軒の繭人形の専門店です。


まゆむら


まゆで置物・お人形がつくられています。

天竜寺前の嵐山店から あだしのまゆ村本店までの 約1,800mは繭1個分の

糸の長さに相当するようです。

まゆ村いわく この辺りは・・・嵯峨のシルクロード♪

まゆねこ


アトリエめんめん

こちらは「柿渋ジャム染め」という独特の技法で染めた生地を使い

耐久性の高いバッグを仕立てています。


あとりえめんめん


皮のような風合いで軽いのが特徴です。

嵯峨野の湯豆腐処 弁治


ゆどうふ

お手頃な 湯どうふ膳(1900円)があります。


清凉寺と二尊院の分かれ道 ここまでが保存地区です。


さくら


のどかな町並みの中を是非 歩いてみてね



人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

てすと

コメントがうまくはいらない?
プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー