千本釈迦堂のおかめ桜・・・♪

平野神社の東門から北野天満宮の北側を通って「千本釈迦堂」

の方へ向いました。


きたのきたもん


北野天満宮の北門の前に「西陣名技碑・伊達彌助氏顕彰碑」

5mの大きな石碑があります。

これは西陣織の技術改良に成功した 伊達錆織という独自の織物を

作り出した"伊達弥助(だてやすけ)"の業績をたたえたものです。


だてじすけ


明治28(1895)年頃に立てられました。

第3代京都府知事北垣国道(きたがきくにみち)が碑文を書き

漢学者巖本範治(いわもとはんじ)が揮毫したものです。


にしもん


この静かな上京区の京都の町中を歩くコースはお勧めです。

「千本釈迦堂」は通称名で正式名は「大報恩寺(だいほうおんじ)」です。


だいほうおんじ


こちらには地面にまで届くりっぱなしだれ桜があります。

おかめ桜と呼ばれ11日に「今がピークでとてもきれい」と聞き

14日にいったらもう散っていました。


おかめさくら


ガッカリです( ̄_ ̄|||) ・・でも



おかめ


夫をひたすら愛し 悲しい物語がある女性"おかめさん"の脇にある桜と

大笑いしている 布袋さんの前にある桜はちょうど満開でかわいい花でした。


ほていさん


そしてすごいのがこちらの本堂です。

京都は何回もの火災で町じゅう焼き尽くされているのに

「千本釈迦堂」の本堂(国宝)は 安貞1年(1227)創建時のままで

なん京都市街地では最古の木造建築です(^_-)-☆


ほんどう


建立に関して棟梁の妻「おかめ」伝説が伝えられている

本堂は大阪の摂津の材木商の寄進をうけ完成しました。


やえさくら


本尊釈迦如来坐像(重文)のほか霊宝殿に快慶作の十大弟子像(十体)

定慶作の六観音像(六体)など多くの文化財を常時展示しています。

仏像彫刻に興味のある方は必見です。



とりい


12月にある大根焚きも有名ですね。

厄除けに良いと伝えられています。



みなみもん


鎌倉時代の僧(慈禅)がはじめた大根の切り口に梵字を書いて

息災祈願を行ったことが起源です。

場所は 上京区今出川通七本松上ル溝前町です



人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー