京都島原あたりと最古の置屋遺構の「輪違屋」・・・♪

京都の花街は安土桃山時代 日本で最初の官許の廓(くるわ)である

「島原」をはじめ 上七軒・祇園甲部・祇園東・先斗町・宮川町の

"六花街"がありました。


しまばらだいもん


現在は"五花街"が残り「島原」からは茶屋営業がなくなってしまいました。

「島原」はJR丹波口より南東に徒歩5分ほどの所にあります。

場所は 京都市下京区西新屋敷町です。


さくら


花屋町通の正面入り口に"島原大門"と"出口の柳"が往時の

姿を伝えています。

京都市登録有形文化財として登録されています。


やなぎ


花街「島原」は初め"豊臣秀吉"が二条柳町に公許しましたが

のちに東本願寺の北側に移されました。

その後京の町の発展に伴い現在の"西新屋敷"に移りました。


いど


その急な移転騒動が 九州島原の乱のようであったため

それになぞらえて「島原」と称されるようになりました。


ちょうちん


九州島原の乱とは・・・

九州の島原・天草に起こったキリシタン信徒を主とする農民一揆です。

幕府の禁教政策と領主の政治に対し 天草四郎ら 約4万の

農民・浪人が原城にこもって抵抗しましたが 幕府軍によって

4か月後に攻め落とされました・・・


いりぐちすぐ


"島原大門"をくぐると石畳が敷かれ風情のある建物が残ります。

大門を入って一筋目を右に曲がると あの有名な「輪違屋」があります。


わちがいや


「輪違屋」は太夫や芸妓をかかえていた由緒ある置屋です。

太夫は昇殿を許される事の出来る正五位の位を持っています。

高貴な人たちのおもてなしができるように 茶道・華道・書道・和歌・琴

三味線・唄・舞踊・等々たしなみます。


やねとうろう


太夫は花魁(おいらん)とは違い 娼妓ではなく 舞や音曲など諸芸に通じ

高い教養を身につけた芸妓です。

現在の建物は 建築的に質が高く 最古の置屋遺構として貴重で

京都市指定有形文化財に指定されています。


まるたか


二階の「傘の間」と「紅葉の間」よろしいらしいです。

お客同士の鉢合わせを避けるため 二階への階段が全部で5つあるようです。

現在はお茶屋業として営業中のため非公開です。


ぽすと


是非 お客さんとしておじゃましてみたいです♪


花屋町通を真っすぐ行くと「東鴻臚館跡」があります。


ひがしこうろかん


鴻臚館(こうろかん)は平安時代に設置された外交および

海外交易の施設です。

平安京の朱雀大路を挟んで西と東にそれぞれありました。


みちしるべ


「角屋」の東北角には「久坂玄瑞の密議の角屋」と記した石碑があります。

立て札には 主として豪商からの軍用金調達のための接待の場として

使用したとあります。


くさかげんすい


「角屋」は"久坂玄瑞"がたびたび暗殺の難を避け密議した場所です。

島原開設当初から 江戸期の饗宴・もてなしの文化の場でした。


すみやがいかん


揚屋建築の唯一の遺構「角屋もてなしの文化美術館」の中の様子は

とても素晴らしかったです♪

素敵な建物の様子は明日のブログでお伝えします


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー