梅宮大社の「梅産祭」・・・♪

日本第一酒造祖神を祀る梅宮大社です。

もともと 京都府南部の綴喜郡井手町にあった 橘氏の氏神を

平安遷都の後にこちらの梅津に移されました。


あかとりい


酒造の神社らしく楼門には酒樽が多く並んでいます。

ご祭神の木花咲耶姫(このはなさくやひめ)の安産のお祝いにちなんで

行われる「梅産祭(うめうめまつり)」に行ってきました。


うめうめまつり


お花の"梅"と 安産の"産"で女子のためのお祭りです。

雨が降っていますが 若い女性が沢山お参りにきています。


あかうめ


この日は梅宮大社の神苑でとれた梅の実と 梅ジュースが

皆さんに振舞われます(o^_^o)


うめせったい


まだ少し寒い日だったので ジュースはホットです。

梅の実も甘くて 美味しいです。


じゅーす


ながい間子供の出来なかった 壇林皇后が「またげ石」を

またいで子供を授かった石は拝殿の奥にあります。


はいでん


誰でもまたげる物ではなくって ちゃんと夫婦そろって

祈祷を受けた時のみ入れる神聖なところに祀ってあります。


またげいし


境内にあるこちらの石は お願いを百回唱える お百度参りの石です。

けっして間違えて またがないようにしましょう(≧∇≦)


ひゃくどまいり



神域に梅が植えられており 現在はなんと 約40種550本が

植えられています。


しょうふくうめ


その実をつけ込んだのがこの「招福梅」です。

梅は古来中国より伝来し 花の美しさと香りが賞され

実は薬用として珍重されました♪


ぴんくうめ


梅宮神社の神苑には梅の他 水仙・つばき・さくら・霧島ツツジ

カキツバタ・ショウブ・藤・あじさい等いろんなお花が楽しめます。


ひょうしき


いつごろ来れば一番きれいな 神苑が見れますか?と

尋ねてみたら・・・

4月25日ぐらいかな~ 遅咲きの桜とつつじ・カキツバタ

藤もみられるかも~ でした。


みなもとつねのぶ


大納言"源経信(つねのぶ)"が読んだ歌の石碑があります。

「夕されば 門田の稲葉おとづれて 芦のまろ屋に 秋風ぞふく」


ちちゅうてい


・・・夕方になると稲の葉がそよそよ音をさせ 芦で葺いた田舎家に

   秋風が吹いている夕暮れの風景を歌ったものです・・・

このあたりの川岸は湿地で カキツバタが自生する風流な土地柄

だったようですよ。


すいれん


王朝貴族が川辺に仮屋を作り 夏の別荘地としていました。

「池中亭茶屋」は 江戸時代の嘉永4年(1851)に建てられたもので

平安時代の王侯貴族の仮屋を模したものです(-^〇^-)


ねこ



こちらのにゃんこちゃんは野良ネコではなくて

梅宮大社のネコです。

午前中は 境内の中をよく散歩するようです♪


しろうめ



今年は梅の開花が かなり遅れましたが

やっとイイ感じになってきていますよ


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー