水野秀比古写真作品展とドール用ビロードドレス展・・・♪

水野克比古フォトスペース 「町家写真館」がある向いの分室では

息子の水野秀比古先生の常設写真作品展とともに

天鵞絨織元によるドール用ビロードドレス展を同時開催中です。


みずのぶんしつ


本館の「和」と対照的な「洋」の人形と写真との

コラボレーションです。

ドールが着ている衣装は上質な絹100%の天鵞絨です。


どーる


「天鵞絨」と書いて「ビロード」と読むのですね♪

京都の職人たちの手仕事によりつくられる 最高級素材

による生地で ベルベットにはない輝きと独特の手触りがあります。


どーるみどり


戦国時代より継承するビロード織物は 匠の技をしかと

受け継いで誕生しました。

ビロードもべっちんもベルベットもよく分らないので

「ビロード」について聞いてみました。

どれす


絹を素材に生地表面の毛羽を立たせるため生地一反(約6メートル)

あたり1万本の細い針金を縫い込み その後 針金を特殊な小刀で

職人が手作業により 一本づつ切り出していきます。


はりがね


これにより「ベルベット」や「別珍」ではできない 独特の光沢と

風合いを持たせた上質の生地として仕上げられています。


はたおり


日本天鵞絨工業の「ビロード」は 室町時代末期に日本に伝えられたのち

日本で製造された時の製法を継承しております。


かたな


日本語としての「ビロード」は 英語では「vellbeteen(ベルべッティーン)」

と表記され これを日本では「ベルベット」として使用されています。


かぐとどーる


生地の製造過程において「ビロード」とは違い 針金を使用せずに

大量の起毛織物を製造できる機械を使用し 主にレーヨン糸を

素材に用いて縦糸を毛羽にし製造されています。


うさぎみみ


「別珍」は素材を綿糸に横糸を毛羽にし製造したものです。

とにかく工程を聴いているとお人形一体のお洋服の料金が9~10万位で

生地の製作が2週間ほどかかります。


かざりだな


アンティークドールの顔も目の色やメイクも自分好みに造ることが

可能でこちらも10万程です。


ちぇあーとどーる


和のお人形とは違い 季節やお部屋の雰囲気で洋服を着替えさせ

楽しむお人形です。


どーるあっぷ


水野秀比古先生のフォトスペースの家具も素敵です♪

西陣・千両ヶ辻界隈(上京区大宮通元誓願寺付近)で

3月5日まで展示中です。

午前10時~午後5時は常時開放



人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー