観世流の「観世稲荷社」と「観世水」・・・♪

西陣中央小学校の敷地内に「観世稲荷社」があります。

学校の許可を頂いて見学してきました。

場所は 上京区大宮通今出川上る観世町です。


にしじん小学校


この土地はもと観世家の屋敷地で 伝えによれば室町幕府の

三代将軍足利義満から大和猿楽の"観世(結崎)三郎清次"こと

観阿弥(世阿弥の父)が拝領したものと言われ

"九世観世大夫黒雪"まで住んでいた。

かんぜいなりよこ


"黒雪"の時代に江戸に移り下屋敷として扱われていました。

「初心忘るべからず」は"世阿弥"の言葉です。

ひとつの初心が乗り越えられた時 それは新しい時点での

初心との遭遇なのです。


いしとりい


結局毎日は新しい初心の連続で 無限の芸の可能性につながるのです。

江戸時代には 徳川幕府が能を幕府の儀式で奏される音楽・芸能に定め

また様々な流派の中でも特に観世流に庇護を加えたことによって

観世流は観世父子以来の全盛時代を迎えました。


しょうめん


京都のこの地は 明治維新後 政府に返上したようです。

この辺りは「観世町」と町名にもなっています。


かんぜいなりしゃ


「観世稲荷社」は昔から観世家の鎮守社として祀られ

祭神は一足稲荷大明神と観世龍王です。


ほこら


稲荷社の入り口に「観世井」「観世水」と呼ばれる井戸があります。

この井戸には伝説があります♪


いどいりぐち


井戸へ天から龍が舞い降りてきて以来 水が常に揺れ動いて

美しい渦巻きの波紋を描くようになったといいます\( ̄▽ ̄)/

そして白蛇が住んでいたとされています。


かんぜすい


科学的に調べてみると 非常に深い井戸で この地点が地下水の

合流点であったために 井戸の底にはいつも渦が巻いていました。

これをかたどって仕舞扇・謡本の水巻模様の「観世水」

の紋様が出来たと言われています。


かんぜいし


この由緒ある敷地に小学校と銀行が建ちました。が

井戸のある袋地20坪ほどを二十四世家元・観世左近元滋の時代に

買い入れ稲荷様と龍王様を合祀しました。

いしぶみ


毎年三月に全国から集まった観世流の能楽師が祭を営み

大切に守り続けています。


つるやよしのぶ


堀川今出川の京菓匠「鶴屋吉信」の有名な和菓子の

"京観世"もここからきていたんですね(^_-)-☆


きょうかんぜ


創案以来の 代表銘菓です





人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「茶道お茶の子」の名でHpをつくっています。その中に茶菓子をUPしていて、観世水のお菓子について調べていましたら、こちらのブログにあたりました。とっても詳しく載っていましたので、リンクを張らせてください。
なお、茶菓子のページの8月の観世水の所にリンクつけました。
プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー