京都府植物園で「早春の草花展」花の回廊・・・♪

18日の土曜日は朝 起きたら雪が積もっていてビックリしました。

京都府植物園も雪が積もって綺麗です。


しょくぶつえん


中途半端に雨が降るより 雪景色は好きです。

植物園では17日より 第7花の回廊 早春の草花展開催中です。

昨年 始めてみてとても綺麗だったので また今年も来てみました♪


すとっく


150種 200品種 10,000株を集中展示です。

昨年は北山門入ってすぐの所でしたが 今年は真ん中位の

大芝生地広場にビニールシートの特設会場を設置しています。


ぽぴー


ビニールシートに入ると花の香りがしてイイ感じです。

冬の間 枯葉ばっかり見てきたので 色鮮やかな花を見ると感激します。

もうすぐ春ですねぇ~


らっせるるぴなす


春を先取りするためビニールハウスの中も5℃以下にならないように

夜はストーブを入れたりするようです。

今年の大寒波の影響で一部の植物に凍害の被害がみられた様です。


らっせるるぴなす


そのため寒さ対策で 会場内に数台の石油ストーブを設置しています。

使用している石油ストーブ「暖太郎」は 対流効果により空気の流れを

起こし凍害・霜害より植物を保護します。


ちゅーりっぷ


花の回廊は100mあります。

ガーデニングは 20年位前から日本に定着してきたようです。


らんきゅらす


その発祥はイギリスの庭造り イングリッシュガーデンや

比較的新しいバラの品種であるイングリッシュローズなど 

異国情緒を楽しんでいるようです♪


がーべら


日本は植物の生育に適した環境に恵まれ 国土が狭い割には

多様な植物が野生して四季を通じて色々な野草や木々の花が

観賞に用いられてきました。


まーがれっと


季節の節目の行事には定められた特別な花や草木を供えます。

平和が長く続いた江戸時代に園芸文化が花開いたようです。

野生の植物を庭に移すことから園芸は始まりました。


しねらりあ


鎖国時代は海外からの植物の輸入も困難だったため 日本の山野に

自生する植物を改良して多彩な園芸品種を生み出しました。


でーじ


ツバキ・ツツジ・サツキなどは この時代に生み出され

大名や武士・豪商の屋敷の庭を飾りました。


ネメシアシューティングスター


長屋暮らしの町人は 朝顔市やホオヅキ市や縁日に出かけて

鉢物を求めて栽培しました。


ひめざぼんそう


身分階級を超えた同好者の組織も生まれ 名品展の開催や番付表も

刊行されたようです。


ぷりむらしねんしす


因みに現在の京都市の花はサトザクラ・ツツジ・ツバキ

京都府の花はナデシコ・嵯峨キクです


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー