"駒止地蔵"が祀られている「蓮光寺」・・・♪

特別公開中の「長講堂」の隣に「蓮光寺」があります。

住所は下京区冨小路六条上る本塩竈町534

「蓮光寺」には2.4mの大きな"駒止地蔵"が祀られています。


こまどめへんがく


"駒止地蔵尊"の謂れは・・・

平清盛が馬に乗って鴨川を渡っていた時 急に駒(馬)が動かなくなりました。

その場所を掘ってみるとこの地蔵が出てきたことから付いた名前です。


こまどめじぞう


平安時代は思うがままの 政治をおこなっていた"白河法皇"さえもが

思うようにならないと例えた中に「サイコロの目・山法師」と並び

「鴨川の水の氾濫」が頻繁にあり 多くの物が流されました。


れんこうじ


この石仏は弘法大師の作で もとは六条河原の刑場にまつられ

多くの処刑者の霊を弔ってきたと伝えられています。


ちょうそかべもりちかいしぶみ


「六条河原」は東国へ抜ける街道である渋谷越に通じていたこと

葬送地である鳥辺野に隣接していたことなどから しばしば合戦場となり

処刑場・討ち取った首の受け渡しの場でありました。


けいだい1


波乱の武士の時代に信仰を集めたお地蔵様なんです。


大坂の陣で豊臣方についたが敗れ 六条河原で斬られた

長宗我部盛親(ちょうそかべもりちか)のお墓もあります。


もりちかはか


長宗我部盛親は四国の覇者・長宗我部元親の四男で 土佐城主を引き継ぎ

関ヶ原の戦いでは西軍に与しています。

元和元年(1615)の処刑では 一族も処刑され長宗我部氏は滅亡しました。


nhk


「蓮光寺」は知恩院を本山とする浄土宗の寺で

"追分如来(おいわけにょらい)"と呼ばれる阿弥陀如来が

本尊に祀られています。


まつ


"追分如来"の謂れは・・・

仏師 快慶は自分の彫った阿弥陀如来の出来の良さに自ら護持したい!

と思いました。


ほこら


僧に懇願したところ 仏像が2体に分かれていたという。

もう一体は仙台泉区に安置されています。

いろいろと見どころのある お寺なんですね♪


ちょうずばち


観光寺院ではないので とても静かな境内には

手水鉢の水音だけが響く 綺麗なお寺でした(o^_^o)


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー