比叡山延暦寺の「西塔」・・・♪

比叡山延暦寺「西塔」は「東塔」より車で5分位です。

1キロぐらいなので歩くことも可能です。


とうろう


シャトルバスは平日1時間に1本・土日は2本ありますが

3月までお休みなので要注意です!!!

「西塔」に入っていくと真盛上人修学之地があります。


しんせい


7歳のとき寺に入り14歳で剃髪して真盛と名乗るようになりました。

19歳から20年間 比叡山で修行し 権大僧都(ごんのだいそうず)と

いう地位まで登っています。


ごびょう


京菓子の"真盛豆"は真盛上人が辻説法のおり 黒豆を煎って

人々に与えたのが始まりです。


ひたすら坂を登ると 有名な「にない堂」が見えてきました。


にないどう


怪力の"弁慶"が 両方の堂をつなぐ廊下に 肩を入れて担った事から

そう呼ばれています。


さか


この左右に並べられた"常行堂"と"法華堂"は二棟は

同じ形をしています。


じょうぎょう


常行三昧は ご本尊の阿弥陀様の周りを90日間 ひたすら阿弥陀様の

名前だけを唱え 昼夜歩き続けます。

24時間行うので常行と呼ばれます。きびしい~( ̄O ̄;)


ほっけどう


法華三昧は21日間にわたって仏像の周囲を歩く行と座禅を中心に修行し

精神を集中させて仏の智慧を得ます。


どんどん奥に進むと見えてくるのが延暦寺の中で最古の"転法輪堂"です。


てんぽうりんどう


転法輪堂は西塔の中心をなす大堂で ご本尊釈迦如来を祀ることから

"釈迦堂"の名で親しまれています。

いしだん


正面の柱間がすべて戸口(入口)になっているのが珍しいですね♪

どこから入ろうかと 迷ってしまいます。


とぐち


信長の焼き討ち後 文禄5年(1596)"豊臣秀吉"が大津の

園城寺"現三井寺"の金堂から移築しました。


ゆき


「移築する」と簡単にいいますが車も無い時代に人の手で

こんな山奥に運んで組み立てられた事が凄いです。


しょうろう


鐘楼もズーッと離れた坂の上にあって登る気力が無くなってきました。

「西塔」の見学だけでも広くて大変なのに~(>_<);


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー