狛龍とかぐや姫がいる「伏見神寶神社」・・・♪

12年1度 辰年に因み注目を集めている神社

「伏見神寶(かんだから)神社」を探してきました。


かんだから


こちらは龍頭社が祀られ龍の狛犬が珍しいと云われています。

拝殿前に天龍と地龍の像が立っています。


ほんでん


向かって左側の"地龍"は巳を表すと云われれていす。

眼・耳・髭・歯が金色に施され 分り易いお顔です。


こまたつ


こちらの神社は毎年京都の初詣の人出がNO.1の伏見稲荷大社の

脇道にあります。


きつね


伏見稲荷といえばずらりと並ぶ千本鳥居が圧巻ですね。

伏見稲荷大社の末社ではないので案内掲示板には

伏見神寶神社は記載されていないので分かりずらいです。


ふしみおもかるいし


おもかる石がある伏見稲荷大社奥宮から四ツ辻方向へ

少し行くと右手に神宝神社の道しるべがあり

細い脇道を登っていきます。


みちしるべ


何回も通っているところですが今まで全く気が付きませんでした。

神社の名前にもなっている「神寶」とは十種神宝のことです。


ちょうずばち


平安京から辰巳(東南)方向に位置し右側に辰を表す天龍

左側に巳を表す地龍の狛龍が鎮座しています。


てんりゅう


奥には「かぐや姫」を祀った石碑がありました。

尋ねてみると こちらはかぐや姫がいらっしゃた所とか・・・


かぐやひめ


そう言われて辺りを見廻すと アラ ビックリ (-^〇^-)

竹がいっぱいの竹林があります‥∴☆彡

たけばやし


竹取物語にも由来する竜頭大神を祀る龍頭社や

かぐや姫の絵馬もあります。

「大納言 大伴家持」の碑があります。

おおともの


かぐや姫に求婚する五人の貴公子の中の一人が"大伴家持"なのか

竹取物語の作者が"大伴家持"なのかどうなんでしょうか?


にわとり


竹取物語には"大伴御行(みゆき)"にかぐや姫が出した難題

「龍の頸の五色の玉」があります。


おもかる


龍の頸(くび)にあるとされる五色に光る玉を取って来て・・・

とお願いされたようです。


ひな


"狛龍"を探しにきてかぐや姫の話になるとは思ってもいなかった

新発見の「伏見神寶(かんだから)神社」でした



人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー