日本三大酒神の「松尾大社」・・・♪

2日は西京区にある「松尾大社」にお参りにいきました(o(^-^)o)


えま


桂川に掛かる松尾橋を渡ったところで阪急嵐山線の

「松尾駅」にすぐ左横にあります。


かつらがわ


5世紀ごろ渡来人の秦氏が山城国一帯に居住し 松尾山の神

大山咋神(おおやまくいのかみ)を氏神としました。


いちのとりい


名前の「くい」は杭のことで 大山に杭を打つ神で山の所有者の

神を意味します。


かみさん


秦氏は酒造の技術も日本に伝えたことから 中世以降 

松尾神は酒造の神としても信仰されるようになりました。


かどまつ


日本三大酒神(松尾大社・梅宮大社・大神神社/奈良)の一つです。


さけたる


酒神として崇められるようになったのは 天平5年(733)に当時の

社殿背後の御手洗谷より湧いていた霊泉に 松尾社の神使として

姿を現す「めでたい亀」にちなみ「亀の井」としました。


いしょうびん


そしてこの清水を酒の醸造に用いるようになったのが由縁と言われています。


赤鳥居の上部に さかきを束ねたものが沢山下がっています。

「脇勧請(わきかんじょう)」とわれ鳥居の原始形式を示すものです。


わきかんじょう


古来は参道の両側に二本の神木を植えて神を迎え 縄を張って

その年の月数だけ細縄を垂らし月々の農作物の出来具合の吉凶を

占ったと伝えられています♪

平年は12本 閏年は13本の榊が下げられるようです。

ろうもん
★江戸時代の楼門です


「本殿」は松尾造りと呼ばれている建築様式であるといわれていますが

人も多く確認できませんでした。


ほんでん
★ちょこっと見える本殿


「松尾大社」は松尾山(223m)に古社地があり 山頂に近い大杉谷に

磐座とされる巨石がある。と聞いて見に来たのですが

雨がきつく降ってきたのであきらめました。


とりい


また天気のよい日に出直します( ̄ー ̄;)

「蓬莱の庭」は二の鳥居を入ってすぐ横の茶店の裏にあるので見てきました。


ほうらいのにわ


近代の作庭家 重森三玲晩年の作です。

鎌倉期を代表する回遊式庭園で不老不死の薬を持つ仙人が

住む山と考えられていた「蓬莱」の世界を表現したものです。


こい


池は浅く水がきれいなので鯉の様子がよく見えます。


こい


今年の大河ドラマ「平清盛」で岡田将生が演じる「源頼朝」が

神馬を十匹・黄金百両を献じて信仰した時代を再現しています(*^_^*)


かめ


「亀」と「鯉」は松尾大神の使いと伝えられ特に「亀」は健康長寿の

シンボルとして親しまれております。


人気ブログランキングに参加してます♪下のバナーをポチッとクリックよろしく
お願いしますネ♪
1日1回 押してね♪
応援バナー押してくださいませ♪


読んでいただいてありがとう♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユキコ

Author:ユキコ
愛犬ポメラニアンのベルが大好き(2007年10月に天使になりました) 12年間勤めたDTP(印刷の前工程である版下制作)の会社を辞めた後、京都観光に興味を持ちました。そして第8回京都検定2級、第9回京都検定1級を合格しました。生まれ育った大好きな京都をご紹介いたします♪

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベストセラー